朝の光(聖書の言葉)

わたしの読んだ聖書の言葉と,最近の日記。
占い,易,まじない,偶像崇拝はやめましょう。

主の降誕 (ピリピ2:6,7)

2017-05-03 22:51:39 | 新約聖書(手紙)

主の降誕の意味


(ピリピ2:6,7)

「キリストは,

神の御姿であられる方なのに,

神のあり方を捨てることができないとは

考えないで,

ご自分を無にして,

仕える者の姿をとり,

人間と同じようになられたのです。」


主の降誕の意味は,クリスマスの意味です。

神が人となるとは,神の栄光の現れです。

神はこの真実の啓示をイエス降誕のときは,周辺の状況で示しました。

マリア,ヨセフ,博士,羊飼いに与えた言葉,

そしてそこで起きたことによって神の栄光を現しました。

神が示したかった第一のことは,神が人となったということです。

そして,救い主がお生まれになったということです。







次のような聖歌があります。


「御位(みくらい)を下り」

(新聖歌155)

1.

御位(みくらい)を降(くだ)り 人の子なり

君は御救いを 成し遂げませり

(くり返し)

歌わん イエス君の 奇(く)しき救いを
     
歌わん声高く 心合わせて


2.

迷う羊にも 似たるこの身を

君は見出して 救い給(たま)えり


3.

全(また)きところ無く 傷付ける身を

優しき手を伸べ 癒(いや)し給(たま)えり


4.

深き死の河も いかで怖(お)ずべき

君は手を取りて 越えさせ給(たま)わん



 




(ピリピ2:6-11)

「 キリストは,

神の御姿であられる方なのに,

神のあり方を捨てることが

できないとは考えないで,

ご自分を無にして,

仕える者の姿をとり,

人間と同じようになられたのです。

キリストは

人としての性質をもって現われ,

自分を卑しくし,

死にまで従い,

実に十字架の死にまでも従われたのです。

それゆえ,神は,キリストを高く上げて,

すべての名にまさる名を

お与えになりました。

それは,イエスの御名によって,

天にあるもの,

地にあるもの,

地の下にあるもののすべてが,

ひざをかがめ,

すべての口が,

「イエス・キリストは主である。」

と告白して,

父なる神がほめたたえられるためです。」

 


2014-03-05 07:27:48

 


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄色い牡丹 | トップ | イエスの御名 ( ピリピ2... »
最近の画像もっと見る

新約聖書(手紙)」カテゴリの最新記事