朝の光(聖書の言葉)

わたしの読んだ聖書の言葉と,最近の日記。
占い,易,まじない,偶像崇拝はやめましょう。

知恵の書

2016-10-17 00:00:03 | 聖書(知恵)

知恵の書

 

旧約聖書に「知恵の書」があります。

 

苦難のときに「ヨブ記」,

 

知恵の必要なときに「箴言」,

 

人生がむなしいと感じるときに「伝道の書」,

 

愛されたいとおもうときに「雅歌」を読むとよいでしょう。

 

 

その中で,神に出会い,答えを見いだせるでしょう。

 

 

 

 

 

ヨブ記

 

(ヨブ42:5,6)

「あなたのことを,耳にしてはおりました。

しかし今,この目であなたを仰ぎ見ます。

それゆえ,わたしは塵と灰の上に伏し

自分を退け,悔い改めます。」

  

ヨブの苦難は,神の愛が彼にあらわれるためでした。

 

新約聖書に次の言葉があります。 

 

 (ヤコブ5:11)

「忍耐した人たちは幸せだと,わたしたちは思います。

あなたがたは,ヨブの忍耐について聞き,

主が最後にどのようにしてくださったかを知っています。

主は慈しみ深く,憐れみに満ちた方だからです。」

 

 

(ローマ5:8)

「わたしたちがまだ罪人であったとき,

キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより,

神はわたしたちに対する愛を示されました。」

 

 

 

 

 

箴言

 

万物の創造と共にあった知恵(箴言8:24)

 

「深淵もまだなく,水のみなぎる源もなかったとき,

わたしはすでに生まれていた。」

(箴言8:24)

 

 

「わたし」とは,知恵のことです。

 

「知恵」が天地創造以前から存在したと言っています。

 

ここでの「知恵」は,「ことば」が初めにあことと同じ事柄です。

 

 新約聖書では次のように言っています。

 

「初めに,ことばがあった。

ことばは神とともにあった。ことばは神であった。」

(ヨハネ1:1)

 

 

この知恵は,キリスト御自身のことだといわれています。

 

「ユダヤ人であってもギリシヤ人であっても,

召された者にとっては,キリストは神の力,

神の知恵なのです。」

(1コリント1:24)

 

「このキリストのうちに,

知恵と知識との宝がすべて隠されているのです。」

(コロサイ2:3)

 

 

 

(箴言8:22-31)

「主は,その働きを始める前から,

そのみわざの初めから,わたしを得ておられた。

大昔から,初めから,大地の始まりから,

わたしは立てられた。

深淵もまだなく,水のみなぎる源もなかったとき,

わたしはすでに生まれていた。

山が立てられる前に,丘より先に,

わたしはすでに生まれていた。

神がまだ地も野原も,

この世の最初のちりも造られなかったときに。

神が天を堅く立て,

深淵の面に円を描かれたとき,わたしはそこにいた。

神が上のほうに大空を固め,深淵の源を堅く定め,

海にその境界を置き,

水がその境を越えないようにし,地の基を定められたとき,

わたしは神のかたわらで,これを組み立てる者であった。

わたしは毎日喜び,いつも御前で楽しみ,

神の地,この世界で楽しみ,人の子らを喜んだ。」

 

 

 

 

 

 

 

伝道の書

 

あなたの若い日に(伝道12:1)

 

「あなたの若い日に,

あなたの創造者を覚えよ。

わざわいの日が来ないうちに,

また『何の喜びもない。』

と言う年月が近づく前に。」

(伝道12:1)

 

 

伝道者は「空の空」と言い続けてきましたが,

ここでその解決を言います。

 

「創造者」とは,天地を造られた神のことです。

 

「初めに,神が天と地を創造した。」

(創世記1:1)

 

「覚えよ」とは,思い浮かべよ,心に留めよ,顧みよと言う意味です。

 

人格的な交わりを持つことです。

 

「あなたの創造者を覚えよ」とは,

創造者を心に留め,たえず思い,神との交わりの内に生きよとの勧めです。

 

このことが,「空の空」を解決する唯一の方法です。

 

それは,天地を造られた神を信じ,神とともに歩み,神のために生きる道です。

 

 

 

 

 

 

雅歌

 

(雅歌8;4 口語訳)

「エルサレムの娘たちよ,

わたしはあなたがたに誓い,お願いする,

愛のおのずから起るときまでは,

ことさらに呼び起すことも,

さますこともしないように。」

 

 

わたしたちが神の愛に出会うとき,わたしたちは生きる喜びに満たされます。

 

神はわたしたちを愛して下さっています。

 

(エレミヤ31:3 口語訳)

「主は遠くから彼に現れた。

わたしは限りなき愛をもってあなたを愛している。

それゆえ,わたしは絶えずあなたに,真実をつくしてきた。」

 

(ヨハネ13:1 口語訳)

「過越の祭の前に,イエスは,

この世を去って父のみもとに行くべき

自分の時がきたことを知り,

世にいる自分の者たちを愛して,

彼らを最後まで愛し通された。」

 

 

 

 

2016-09-14 22:36:44

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 洗礼者ヨハネの役割 | トップ | 主の再臨 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む