朝の光(聖書の言葉)

わたしの読んだ聖書の言葉と,最近の日記。
占い,易,まじない,偶像崇拝はやめましょう。

聖書の言葉  (ヨハネ福音書)

2017-01-03 21:27:45 | 聖書

「ヨハネの福音書」の中のことば

各章から,数節ずり上つ取り上げました。


(新共同訳)






 


「初めに言があった。

言は神と共にあった。

言は神であった。

この言は,

初めに神と共にあった。

万物は言によって成った。

成ったもので,

言によらずに成ったものは

何一つなかった。」

(ヨハネ1:1-3)



「初めに」は

創世記1:1に使われている言葉です。

ことばとはイエス・キリストのことです。

創造には三位一体の神が働かれました。


「初めに,神は天地を創造された。

地は混沌であって,

闇が深淵の面にあり,

神の霊が水の面を動いていた。

神は言われた。

『光あれ。』こうして,光があった。」

(創世記1:1-3)

 

 






 


「イエスは,

この最初のしるしを

ガリラヤのカナで行って,

その栄光を現された。

それで,弟子たちはイエスを信じた。」

(ヨハネ2:11)


カナの婚礼で,イエス・キリストは,

水をぶどう酒に変える奇跡をなさいました。

栄光とは,神があらわれることでしょう。

この奇蹟によって,

弟子たちはイエス・キリストを信じました。






 


「神は,

その独り子をお与えになったほどに,

世を愛された。

独り子を信じる者が一人も滅びないで,

永遠の命を得るためである。」

(ヨハネ3:16)


イエスが,ニコデモに話された言葉です。

イエスはニコデモにまず,

次のように言いました。

そのあとのイエスの言葉です。


「イエスは答えて言われた。

『はっきり言っておく。

人は,新たに生まれなければ,

神の国を見ることはできない。』」

(ヨハネ3:3)






 


「わたしが与える水を飲む者は

決して渇かない。

わたしが与える水はその人の内で泉となり,

永遠の命に至る水がわき出る。」

(ヨハネ4:14)


イエスが,

井戸に水を汲みに来たサマリヤの女に話した言葉です。





 


「イエスは言われた。

『起き上がりなさい。

床を担いで歩きなさい。』

すると,その人はすぐに良くなって,

床を担いで歩きだした。

その日は安息日であった。」

(ヨハネ5:8,9)


イエスはべテスダの病人をいやされました。

この後,イエスは次のように話されました。


「イエスはお答えになった。

『わたしの父は今もなお働いておられる。

だから,わたしも働くのだ。』」

(ヨハネ5:17)







 


「わたしは命のパンである。」

(ヨハネ6:48)


イエスは,5つのパンと2匹の魚から,

5千人の人々を満腹させます。

その後に語られた言葉です。






 

 

 

 



「祭りが最も盛大に祝われる終わりの日に,

イエスは立ち上がって大声で言われた。

『渇いている人はだれでも,

わたしのところに来て飲みなさい。

わたしを信じる者は,

聖書に書いてあるとおり,

その人の内から生きた水が

川となって流れ出るようになる。』」

(ヨハネ7:37,38)


仮庵の祭りで,

イエス・キリストの言われた言葉です。









イエス・キリストは

姦淫の女に次のように言います。


イエスは言われた。

「わたしもあなたを罪に定めない。

行きなさい。

これからは,

もう罪を犯してはならない。」

(ヨハネ8:11)


このあと,次のように言います。


イエスは再び言われた。

「わたしは世の光である。

わたしに従う者は暗闇の中を歩かず,

命の光を持つ。」

(ヨハネ8:12)









「さて,イエスは通りすがりに,

生まれつき目の見えない人を見かけられた。

弟子たちがイエスに尋ねた。

『ラビ,

この人が生まれつき目が見えないのは,

だれが罪を犯したからですか。

本人ですか。

それとも,両親ですか。』

イエスはお答えになった。

『本人が罪を犯したからでも,

両親が罪を犯したからでもない。

神の業がこの人に現れるためである。』」

(ヨハネ9:1-3)


弟子たちが生まれつきの盲人について

次のような質問をします。

イエスが答えました。

この後盲人は目が見えるようになります。







 

 


「わたしは良い羊飼いである。

良い羊飼いは羊のために命を捨てる。」

(ヨハネ10:11)


イエスの言葉です。

旧約聖書では,羊飼いは救い主,

イスラエルの指導者のことを

表すわしています。


「主は羊飼い,

わたしには何も欠けることがない。」

(詩編23:1)








「イエスは言われた。

『わたしは復活であり,

命である。

わたしを信じる者は,

死んでも生きる。』」

(ヨハネ11:25)


イエスが,

マルタとマリヤの兄弟ラザロを

死から生き返らせたとき,

言われた言葉です。








「イエスはこうお答えになった。

『人の子が栄光を受ける時が来た。

はっきり言っておく。

一粒の麦は,

地に落ちて死ななければ,

一粒のままである。

だが,死ねば,多くの実を結ぶ。』」

(ヨハネ12:23,24)


イエスがエルサレムで

ギリシャ人に話した言葉です。

十字架につけられる週の火曜日,

宮の中での出来事です。

この後,イエスは十字架につけられ,

3日の後復活します。

イエスの生涯を

現している言葉でもあります。








「あなたがたに新しい掟を与える。

互いに愛し合いなさい。

わたしがあなたがたを愛したように,

あなたがたも互いに愛し合いなさい。」

(ヨハネ13:34)


最後の晩餐のときに,

イエスが弟子に話された言葉です。

イエスの愛は,弟子たちへの模範でした。










「心を騒がせるな。

神を信じなさい。

そして,

わたしをも信じなさい。」

(ヨハネ14:1)


イエスが十字架につけられる前,

最後の晩餐のときに,

弟子に話され言葉です。


このつぎに,次のように言われました。


「イエスは言われた。

『わたしは道であり,

真理であり,命である。

わたしを通らなければ,

だれも父のもとに行くことができない。』」

(ヨハネ14:6)








「わたしはぶどうの木,

あなたがたはその枝である。」

(ヨハネ15:5)


最後の晩餐の後,

イエスがゲッセマネの園に

行く途中に弟子たちに話されました。









「これらのことを話したのは,

あなたがたがわたしによって

平和を得るためである。

あなたがたには世で苦難がある。

しかし,勇気を出しなさい。

わたしは既に世に勝っている。」

(ヨハネ16:33)


イエスが弟子に話された言葉です。

この後,イエスは十字架につけられますが,

世に勝っていることは

復活によって証明されました。









「父よ,

わたしに与えてくださった人々を,

わたしのいる所に,共におらせてください。

それは,

天地創造の前からわたしを愛して,

与えてくださったわたしの栄光を,

彼らに見せるためです。」

(ヨハネ17:24)


イエスが十字架につけられる前の祈りです。

次のように祈って終わります。


「わたしは御名を彼らに知らせました。

また,これからも知らせます。

わたしに対するあなたの愛が

彼らの内にあり,

わたしも彼らの内に

いるようになるためです。」

(ヨハネ17:26)






 



「そこでピラトが,

『それでは,やはり王なのか』と言うと,

イエスはお答えになった。

『わたしが王だとは,

あなたが言っていることです。

わたしは真理について

証しをするために生まれ,

そのためにこの世に来た。

真理に属する人は皆,

わたしの声を聞く。』

(ヨハネ18:37)


イエスが逮捕され,

ピラトに尋ねられた答えです。

ピラトはユダヤのローマ総督です。





 


「イエスは,このぶどう酒を受けると,

『成し遂げられた』と言い,

頭を垂れて息を引き取られた。」

(ヨハネ19:30)


イエスが十字架につけられたときの

最後の言葉です。

イエスの生涯は,

人の罪のために身代わりとなって

死ぬことでした。

この業を「成し遂げられた」のです。







 


「そう言ってから,

彼らに息を吹きかけて言われた。

『聖霊を受けなさい。

だれの罪でも,

あなたがたが赦せば,

その罪は赦される。

だれの罪でも,

あなたがたが赦さなければ,

赦されないまま残る。』」

(ヨハネ20:22,23)


イエスが復活し弟子たちに現れ,

話された言葉です。







 

 


「イエスの愛しておられたあの弟子が

ペトロに,

『主だ』と言った。

シモン・ペトロは『主だ』と聞くと,

裸同然だったので,

上着をまとって湖に飛び込んだ。」

(ヨハネ21:7)



「イエスの愛しておられたあの弟子」とは,

この福音書を書いた

ヨハネだと言われています。

ペテロが復活のイエスに会った

ときのことです。

ペテロはなぜ湖に飛び込んだのでしょう。

ペテロは何も言っていませんから,

わかりません。


 



 

 

 

 

 

2016.5.5 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書の言葉 (ヨハネ福音書... | トップ | 聖書の言葉 (マタイ他) »
最近の画像もっと見る

聖書」カテゴリの最新記事