朝の光(聖書の言葉)

わたしの読んだ聖書の言葉と,最近の日記。
占い,易,まじない,偶像崇拝はやめましょう。

俳句 2014年 K.M

2016-09-18 20:11:26 | 詩と俳句

2014年

 

 

(2014年1月)

 

暖かき昼餉もとれず風邪に臥す

 

寝てゐても所在なかりし風邪の熱

 

鈴の音の誰呼ぶ冬の遍路宿

 

冬日射す阿波の遍路の墓の辺に

 

 

(2014年2月)

 

輝きて風花海に消えにけり

 

青竜となり飛びゆかん竜の玉

 

雪予報更につのれる空つ風

 

父母の逝きしふるさと雪の中

 

 

(2014年3月)

 

白日の冬日聳ゆる天守閣

 

いつもより明るき障子朝の雪

 

亡き母の形見となりし君子蘭

 

春菊を鉢より摘みて朝餉かな

 

 

 

 

 

 

(2014年4月)

 

雪嶺も朝日も雲にエベレスト

 

灰色の空春泥のカトマンズ

 

野遊びといふ足並の揃ひたる

 

菜の花のかほり束ねて父母の墓

 

 

(2014年5月)

 

ひと刷毛に山塗りあげし花吹雪

 

天空へ巻き上げ消えし花つむじ

 

今朝雪の舞ひしと高野山の春

 

桜貝そのささやきを聞きたくて

 

 

(2014年6月)

 

血を吸ひし如くに紅き薔薇の棘

 

常盤木の笑ひ転げてゆく落葉

 

穴を掘る蟻に迷いのなかりけり

 

一天を燕一蹴して飛べる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2014年7月)

 

牧神の日差に弾けたるポピー

 

十薬の咲き満ち父母の忌を修す

 

明易や母の法事のあれやこれ

 

さくらんぼ好きな母の忌山盛りに

 

 

(2014年8月)

 

飄々と遊んでをりし道をしへ

 

放ちたるががんぼの脚掌にのこる

 

北よりの雷よぶ風や三瓶山

 

訪れるたびに大きく合歓の花

 

 

(2014年9月)

 

白南風に四十五度の白帆立て

 

目の前を過る毛虫のつと消えし

 

阿波踊見るより踊る阿呆となり

 

夢にまで追ひかけられし阿波踊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2014年10月)

 

中天の日のさしこめる蝉の穴

 

満天の星天空の登山宿

 

一瞬の指先の黙風の盆

 

人惑ふ闇濃き路地や風の盆

 

 

(2014年11月)

 

動かざる一刷毛の雲秋高し

 

稲筵故郷庄内黄金色

 

石蕗咲ける東尋坊の愛子句碑

 

花石蕗の東尋坊の切り岸に

 

 

(2014年12月)

 

耳の奥まで唸り来る秋蚊かな

 

群鴨の水輪忽ち漣に

 

人誰も秋風となり逝きにけり

 

寝返りの背なの夜寒し遍路宿

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 主を認めよ (箴言3:6) | トップ | 俳句 2015年 K.M »
最近の画像もっと見る

あわせて読む