朝の光(聖書の言葉)

わたしの読んだ聖書の言葉と,最近の日記。
占い,易,まじない,偶像崇拝はやめましょう。

赦す (ルカ23:34)

2016-09-18 22:03:11 | 福音書

赦す


「父よ。

彼らをお赦しください。

彼らは,

何をしているのか自分でわからないのです。」

(ルカ23:34)




聖書は,初めの赦しがどこから来ているかをのべています。

それは,イエス・キリストが罪人を赦すところからきています。


イエス・キリストが人々の罪の身代わりとなって,十字架につけられているときの言葉です。

イエス・キリストは自分を殺そうとしている人々を赦し,とりなしの祈りをしています。

イエス・キリストを十字架につけたのは民衆でした。

イエス・キリストはその人々を赦し,神に赦されることを祈られたのです。









(ルカ23:13-19)

「ピラトは祭司長たちと指導者たちと民衆とを呼び集め,

こう言った。

『あなたがたは,

この人を,民衆を惑わす者として,

私のところに連れて来たけれども,

私があなたがたの前で取り調べたところ,

あなたがたが訴えているような罪は

別に何も見つかりません。

ヘロデとても同じです。

彼は私たちにこの人を送り返しました。

見なさい。

この人は,死罪に当たることは,

何一つしていません。

だから私は,

懲らしめたうえで,釈放します。』

しかし彼らは,声をそろえて叫んだ。

『この人を除け。

バラバを釈放しろ。』

バラバとは,

都に起こった暴動と人殺しのかどで,

牢にはいっていた者である。」









(ルカ23:32-35)

「ほかにもふたりの犯罪人が,

イエスとともに死刑にされるために,

引かれて行った。

『どくろ』と呼ばれている所に来ると,

そこで彼らは,イエスと犯罪人とを十字架につけた。

犯罪人のひとりは右に,ひとりは左に。

そのとき,イエスはこう言われた。

『父よ。彼らをお赦しください。

彼らは,何をしているのか自分でわからないのです。』

彼らは,くじを引いて,イエスの着物を分けた。

民衆はそばに立ってながめていた。

指導者たちもあざ笑って言った。

『あれは他人を救った。

もし,神のキリストで,

選ばれた者なら,自分を救ってみろ。』」



2014-02-27 07:08:41

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皮の衣 (創世記3:21) | トップ | サウル (1サムエル15:... »
最近の画像もっと見る

福音書」カテゴリの最新記事