朝の光(聖書の言葉)

わたしの読んだ聖書の言葉と,最近の日記。
占い,易,まじない,偶像崇拝はやめましょう。

サウル (1サムエル15:10,11)

2016-09-18 22:05:58 | 聖書(歴史)

サウル   (1サムエル15:10,11)


「そのとき,

サムエルに次のような主のことばがあった。

『私はサウルを王に任じたことを悔いる。

彼はわたしに背を向け,

わたしのことばを守らなかったからだ。』

それでサムエルは怒り,

夜通し主に向かって叫んだ。」

(1サムエル15:10,11)



サウルは,ベニヤミン族のキシュの子です。

サムエルにより,

イスラエルの初めの王に任命されます。

ペリシテ,アマレクと戦いますが,

神に対する不従順の罪のため,

神はサウルを王から退けます。

そして,次の王ダビデが選ばれます。

サウルは,ペリシテ戦で戦士しました。

王としての在位は40年でした。

 



 

 2015-10-17 21:14:46

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赦す (ルカ23:34) | トップ | 弱さの内に現れる主 (2コ... »
最近の画像もっと見る

聖書(歴史)」カテゴリの最新記事