森から考える暮らしのデザイン

フォレストドームプロジェクト

庭の中の東屋にグッドデザイン賞のプレートを設置しました

2016-10-17 | フォレストドーム
こんにちは、多摩産材フォレストドームです。

フォレストドームのグッドデザイン賞受賞記念として、庭の中の東屋にもグッドデザイン賞のプレートを設置させていただきました。
ここのフォレストドームはテントでは無く、屋根を設置しています。テントの場合、時間が経つと汚れや劣化がしてきますが、屋根の場合は耐久性があります。設置してからまだ8ヶ月弱ですが、全く汚れ等は気にならず、設置時と同じ姿を保っています。
それどころか、庭園の緑が育ち、場所に馴染んできた感があります。
通常の手入れが良いのか、きちんと手入れされていて、ゴミ一つ落ちていなく、清々しい空気が漂っていました。
屋根付きのフォレストドームは、今のところ、ここにしかありませんが、今後おすすめしてゆきたい仕様です。
グッドデザイン賞をきっかけにフォレストドームに興味をもってくれる人が増えればと思っています。


内部に足を踏み入れると、外観とはまた違った空間を味わえます。屋根下地の木の板で覆われた空間です。



間伐材丸太を使ったドーム型小屋づくり
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空中カボチャ育成中 | トップ | 2016年度グッドデザイン賞受賞展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL