八王寺組のブログ

滋賀県の大津市仰木の里山にある八王寺地区のブログサイトです。

hachiojigumi@gmail.com

棚田学会シンポジウムのご案内(6月26日)

2016-06-04 23:47:37 | 八王寺組イベント
下記のとおり、棚田学会の現地見学会・シンポジウムが開催されます。
シンポジウムにつきましては、棚田学会会員以外の方もご参加いただけます。
是非ご来場くださいませ。
================
棚田学会現地見学会・シンポジウム
「琵琶湖流域の棚田景観を読み解く ~受け継がれる水文化~」

【日 時】2016年6月26日(日) 13:00~16:00(開場12:45)
 
【場 所】成安造形大学 聚英ホール(定員200名)
 
【内 容】
 本シンポジウムでは、湖から山まで、ひとつらなりの自然を生み出している琵琶湖辺集落をフィールドに、流域の観点から棚田景観の歴史的変化を読み解き、そこで暮らす人びとが受け継いできた水文化に対する理解を深めることを目的としています。
歴史や伝承、人々の営みの視点から、棚田とそこで培われてきた水文化を読み解くことにより、従来の棚田イメージを少しズラして、多様な棚田の読み解き方を提示することを試みます。また、大学と地域が連携した棚田保全の取り組みや調査研究と実践をつなぐ活動事例をもとに、世代をつなぐための工夫やしくみについて、みなさんと一緒に考えたいと思っています。
 
【参加費】無料(要事前申込)
 
【プログラム】 
開会あいさつ
 
基調講演「歴史からみる近江の棚田」
(滋賀県立大学 水野章二教授)
報告1 「仰木の宮座と水をめぐる伝承」
(成安造形大学 加藤賢治准教授)
報告2 「水と暮らしを次世代につなぐ」
(びわこ成蹊スポーツ大学 嘉田由紀子学長)
 
パネルディスカッション 
「琵琶湖流域の棚田景観を読み解く~受け継がれる水文化~」
 司  会: 山本早苗(常葉大学 准教授)
 パネラー: 水野章二、加藤賢治、嘉田由紀子、小坂育子(水と文化研究会 事務局長)
 コーディネーター: 穴風光惠(成安造形大学 助教)、北井 香(滋賀県立大学 特定プロジェクト研究員)
 
総括
閉会あいさつ
====================================
 
【棚田学会会員以外の方の応募方法】
1~4を明記の上、メールにてご応募ください。
受付後、詳細をご連絡いたします。
 
1.氏名(フリガナ)
2.e-mailアドレス
3.所属(所属がある方のみ)
4.お住まいの地域 ※いずれかを選択
[ 仰木・仰木の里・大津市内・高島市内・滋賀県内・滋賀県外]
 
[応募先]hachiojigumi@gmail.com (担当:棚田学会現地見学会・シンポジウム コーディネーター 穴風)
[応募締切]2016年6月22日(水)20時
[その他]
・「棚田学会現地見学会・シンポジウム」は棚田学会会員限定で、6月25日(土)針江・生水の郷の「かばた」見学と畑の棚田見学を行い、6月26日(日)午前に仰木の棚田見学、午後にシンポジウムを行います。
・シンポジウムにつきましては、棚田学会会員以外の方もご参加いただけますが、一般の方の申し込み受付は棚田学会ではなく、コーディネーターの穴風が担当しております。
・事前応募をし忘れた方は、当日受付をさせていただきますが満席の場合はお断りすることがあります。ご了承ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棚田ボランティア【休耕田の... | トップ | 棚田ボランティア【草刈り】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。