果未 の館

観音菩薩日記

幸せとは

2016-10-31 08:19:35 | 幸せ
幸せと感じるのは嬉しいとき 楽しいとき
では嬉し 楽しいと感じるのは
誰かと共感しているとき
自分が認められているとき
自分の存在に意味があると感じるとき
自分の存在に価値があると感じるとき

自分が関わっている出来事に自分が意味がある価値があると感じることで
生きる喜び楽しさが生まれる
出来事の意味がわかると
不快な出来事はありがたい出来事
幸せな出来事へと変わっていく
不快な出来事に自分なりに意味をつけることで
幸せな気持ちになれるなら意味を探せばいい
こじつけな意味付けでも意味をつけた人が
納得して幸せな気持ちになれるならこじつけでもいい

人は自分の存在を認めるために行動をおこす
自分自身に価値があると理解するために行動する
自分自身が自分の存在を認めない人ほど
他人に自分の存在を認めさせようとする
他人に自分の存在を認めさせようとする行動は
わがままであったり
支配であったりする
自傷行為であったりする
そして他人に否定される

相手によっての自分の存在の認めることは
常に相手によって左右される

相手に自分の存在を認めるのを止めて
自分が自分の存在を認めるために行動すれば物事を捉えれば
常に自分に価値があり意味のある存在となる
常に幸せでいることができる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手放すための現実 | トップ | 誰かの評価 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。