果未 の館

観音菩薩日記

不快な記憶

2017-05-16 08:29:51 | 記憶
不快な感情が湧き上がった
過去の記憶を基に不快な感情が湧き上がる
不快な感情が時間とともに薄れて行く
薄れるというより 次に起こる出来事で
不快な感情の上に次の出来事の感情で上塗りしていくことで薄れていく

記憶を変えていく
出来事自体変わらない 体験したことは変わらない
でも捉え方で記憶は変わっていく
どうその出来事を捉えるか 体験したことをどう捉えるかで
湧き上がる感情が変わっていく

薄れて行くのをじっと待ってもまた同じ出来事は繰り返される
記憶を変えていくことができれば同じ出来事は起きない
起きたとしても不快な感情が湧き上がることはない

記憶は感情のバロメーターであり 価値観の基準を創っている

自分が心地よい記憶は大切に持ち続ければいい
自分が不快にならない記憶は気にすることはない
自分が不快な記憶はじっと薄れていくのを待つのではなく
出来事の捉え方をかえ記憶を変えていこう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花火を眺めるように | トップ | 身につける »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。