goo

<川場⇒新潟柏崎の海への歩き旅~新潟編~>

写真は題して『海と旗』(←「果たして海に、辿り着いたのか」)



先週の群馬編に引き続いての、2泊3日の新潟編!!
3日で残り100キロ以上というなかなか厳しい状況に加え、
日本列島を襲う台風18号(タリム)がドンピシャでやってきた
「どーするどーなる

誰も結末を予想できない、
決死の覚悟の勇者達の冒険を、ご覧下さい


当日の朝。



ということで、、、

起きしなに「ヨシ」と言うイチリ選手。

出発の段階になると、気合の・・・

気温11℃の中、裸で出発!? ※車中でコーヒーをこぼしたらしい
と、そんなこんなで・・・

いくぞ!!

前回歩ききった群馬編のゴール地点、三国峠の新潟県側がスタート地点
あ、ちなみに先週のメンバーに加え、

参加条件【小5以上】の壁をムリクリ越えて、小4ホナミ選手が気合の参戦

行き先は、100キロ近く先の新潟県柏崎市の海 いくぞ!

今回も、先週から引き続いての旗を引っさげ、国道17号線を北上

豪雪地帯らしい、たくさんあるスノーシェッドに興味深々。
 


思わず登って遊ぶ

三国街道の続きなもので、所々に旧街道の名残あり。




今回、距離がかなりギリギリなもので、みんなで検討して『最短ルート』を選ぶ。
それはすなわち、、、

こわーい歩道の狭いトンネルがあったり、緊張感溢れる道ばかり・・・
日本の道は、歩くためにつくられていないのでございます・・・

しかし負けない

抜けると、一個一個うれしい

歩いていると、みんなに手を振りたくなる◎

「こんにちはー」と手を振ると、けっこうみんな笑顔で返してくれる

うれしくて思わず、、、

「あはははは~

途中、「道の駅」に遭遇!

ここがなかなかステキで・・・
 
足湯に加え、水に浮かぶテーブル(で寝るセイル

ここまでですでに15キロほど。
先週の疲れも相当残っているところに、癒しの時間
復活して、再出発
 
お、顔にチカラが戻ってきた感じだ☆

その勢いか、公園を見つけると遊具に向かって走っていく文化が
 
あはは☆


あいていた神社でおまいりしたり、


廃屋にお邪魔してみたり、


サトシの家にお邪魔してみたり(※サマキャン参照)

あ、また遊具で遊んでる!?

なんかかわいい人たち

ついでに、「眉毛ボーン」

あはは

歩きながら、隙を見て遊び、気付けば日が沈む・・・。
結局この日、朝6時から歩き出し、目的の南魚沼の道の駅に着いたときには・・・

既に19時をまわってた!
歩いた距離は実に、37.7キロ

夜のミーティングはここで!

やっぱり遊具の中という徹底ぶり

今日は疲れたハズ。すぐに寝るでしょう・・・と予想してたのに、、、

夜、やたら元気に「鬼ごっこ」とかやってる~
さっきまで「もう歩けない・・・」とか言ってたハズが・・・。

子どもは強し


そして二日目

きれいな夜明けの空

ん?昨日みんなはどこに寝たんですかって??
【女子部屋】

足がはみ出てます

【男子部屋】

ハイ、いわゆるひとつの『土管』ですね

それぞれ意外と寝心地は良かったようで、、、

元気に2日目出発

この日はなかなかいい天気

でも、確実に、“アイツ”は迫ってきてますよぉ・・・

すでに100キロ近くを歩いていることを、世間にアピール


元気に歩いていたけど、徐々に(昨晩の鬼ごっこの)疲労が出始める。

遅れだす小4ホナミ。しかし、お菓子で釣ると歩ける事実を発見
これでけっこう遊ぶ


何気ない朝ごはんも、旅人風な世界観がにじみ出るみなさん☆

今回歩くにあたり、参考にしたルートは、
1988年にタケはじめ10名が、柏崎から山の家まで歩いた道です
その中で、タケが一番印象に残った場所としてあげたのが『栃窪峠』です。

30年の時を越え、今再びあるきんぐ隊が栃窪峠に挑んでいるわけです。
 
確かに、景色がめっちゃいいんです
かつてはかの上杉謙信も通ったといわれる由緒ある峠。いいんです♪

遅れるホナミをひっぱるカツラ。

その画がまた美しいったらこの上ない

しかしこのあと、突如ホナミにスイッチが入った!!

うーん、子どもの不思議なこの底力、興味深いぜ・・・
(※ちなみに、どうもまたしてもお菓子で釣ってるという事実が発覚!?うん、納得

途中、先週も参加した社会人アキコが、日曜日の始発に乗ってここで参戦
送ってきたナオちゃんも交え、全員集合
すると、見えてきたぞ栃窪峠!!よっしゃ!着いた♪

この景色、最高だーーーーー


で、問題は次の映像。

あ、突然雲に包まれて、、、ドシャ降り、ですねぇ
“アイツ”こと、台風18号君が迫ってきたー

~雨のため、写真無し区間
 ここも、めちゃなが~いこと歩いているんですよ~

で、次がいきなり
 
ドン!っと、道端に落ちてた動物の謎の白骨
なぜこうなったのか、ずいぶん考えたけど、結局、不明

ここの集落の看板を発見!

この何気ない看板、すっごい事実が

みんな福崎さーーーーん

もうすぐ十日町。
ここまでですでに20キロほど。

アキコ母さんと共に頑張ったが、小4ホナミ、ここで一旦戦線を離脱!

いや、よくがんばった

ここでホナミと別れ、そこからはまさに「爆走

十日町の中心部を駆け抜け、

一気に信濃川を渡る!

途中、みんなで歩くモードのスイッチが入りすぎて、、、

ついには“壊れるカツラ”



そして歩くこと3時間余り、ついにこの文字が!!

来た!『柏崎』

しかしこのハイペースの代償は大きい!

ゴールと同時に、道路に倒れ込み、壮絶な最後!?を迎えたアキコ・・・


「あきこーーーーーーー

って、あれ?これはアキコの走馬灯・・・??

ではなく
この日は「夜に台風直撃」の情報もあったので、さすがに野宿は断念。
たまたま近くにあった県立の施設に投宿であります

みんな浴衣着ちゃって電気の下だと、もはや「親戚の集い」でしかない
でもせっかくだからそんな感じの写真を・・・

嗚呼、これは完全に親戚の集い


この日もゴールするまでに実に40キロを踏破
荷物を各自背負ってのこの距離は、やっぱり壮絶。
ちょうど体も限界を迎えていたので、うん、ちょうど良かった

そのくせ閉館ギリギリまで体育館でみんなで遊んじゃうという愚かさよ・・・、最高


夜、台風の雨風が部屋の窓を猛烈に叩く。
これは一体、翌日はどうなる!?

迎えた朝!

雨、あがってるー

この日は昨夜ゴールしたところまで車で戻り、リスタート
車の定員もあるので、「早組」と「後組」に。


ついに、「柏崎市」に突入◎


刈り取った稲の「はさがけ」な光景に朝日が当たってキレイ。

このままいい天気でいけるのか、と思った矢先、、、

どひゃー
まだまだ簡単には終わらせてくれないぞ・・・

ここで、みんな合流!


~猛烈な雨のため、写真無し区間PART2
 ここも、めちゃなが~いこと歩いているんですよ~

休憩@橋の下


この休憩を終えると、少しずつ天気が回復傾向に・・・
ひたすらに、ゴールを目指して歩く



ついには柏崎市街。柏崎インターだ!!!

そして、、、

嗚呼怒られた

ではもう一度

タオルに手書きのゴールテープ
しかし、本当のゴールは海だっ!!!走れ走れ

すでに歩いた距離は110キロ近く。
もう歩きたくはない!でも、海に触るためなら走るんだーーー

やったぜー♪

 

 




今回、ほんとに日程的にタイトだったこともあり、
ゴールは半分無理と思ってました。
しかもそこに、大型台風の接近。。。

「なんで海まで歩くの?」といわれると答えに詰まる、理由無き歩き旅。

そこまで無理して実施して、なんかあったらどーするの?
そう言われちゃおしまいのこの旅で、でも確かに残った実感。

「あ~、歩いてよかった


大雨の中、歩いて歩いて。
最後着いたとき、太陽の光がさした海がとにかくキレイだったなぁ。

【最後にみんなで撮った集合写真】

うん、いい旅でした!


みんな、またいつか、旅をしよう。


2017歩き旅、これにて。




【川場⇒新潟歩き旅2017】    




〇あるきんぐクラブのイベントについては、→こちらです。
あるきんぐスケジュール表も、随時更新中☆

○ブログ村ランキングに参加しています。
よろしかったら以下をクリック下さい。
<野遊び・森遊び>で活躍されているみなさんのページを見ることもできます。
→にほんブログ村 野遊び・森遊び。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 来る教育旅行... あそびとおむ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。