無理が通れば 道理が引っ込む。

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

福祉が危ない。何のための消費税ぬUP

2017-01-03 21:24:06 | 日記

介護保険が成立したとき これで老後の心配が消えたと おもった人が 今政府に

脳天をたたかれたような ショックを受けている。

もうすでに 破産しているのである。

老後は 家族が見ればいいんだよ。と自民党のひよこたちが ダジャレをいう。

それほど 政府は 腐りきってきた。

病院に いったら もうそうとう 年齢を重ねた 女の方を 60くらいの

人 多分息子さんだろう  に支えられて 来院された。

わたしの息子も 私はたち夫婦の事が気になって 20年務めた 職場を退職して

して 戻ってきた。「なんで 何でそんなこと・・・」私は絶句した。

でも わたしが肺癌の手術で一命をとりとめたものの 脊椎間狭窄症とやらで

歩行できなくなっていた。女房は女房で 訳の分からん病人たれ。

息子が力化さなければ病院にも 行けない。かといって タクシー使うほどの

年金生活者ではない。こんな時の介護だと思って相談したら 息子がいるから

介護は 受けられないときた。何のために月に2万円近くの介護保険料払っているの。

息子の力でどうにか 女房だけは 病院の付き添いを頼んでいる。

介護で困った人も多かろう。そんな時 ネットのニュースに 官房費を食い散らしている

評論家 マスコミの名まえが ズラリ並んでいる。それも 国会の一ひねりではない。

庶民の4DKマンションを代えるくらいの お金だ。

そして安倍内閣を支えているのだ。格差社会は政府が国民から集め多税金をばらまいて

作り出したアベノミクスの須賀田ではないのか。なぜ国民は怒らないのだろう。不思議でならない

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ただ 生きていることの意味... | トップ | 共存共栄こそ先人の知恵では... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。