日々好日

さて今日のニュースは

憲法9条に自衛隊明記は改正に当たらず、追加だ・それでは憲法10条にしたらの論あり

2017-05-16 08:52:00 | Weblog

憲法改正論議で矢張り問題は憲法9条問題です。

阿倍首相は9条で唱う不戦の誓いはそのままにして、2項の武力による解決の
戦力は持たないを、自衛のための自衛隊を明記する事を提唱しています。

これだと9条の改正ではなく追加であると主張。
しかし何か苦しい言い訳にも聞こえますね。

それでは、いっその事10条で自衛隊を明記したらとの意見もあるとか。

因みに憲法10条は、日本国民たる要件は法律でこれを定めるとなって居る。

条文としては簡単な事ですが、国の将来がかかった条文だから、慎重に扱って
欲しいですね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮ミサイル攻撃に対して... | トップ | 東京五輪招聘で約束した受動... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL