日々好日

さて今日のニュースは

高層ビル火災の恐ろしさ

2017-06-15 07:22:25 | Weblog

近頃はビルの高層化が進みより高くと競争激化して居ます。

日本一高いビルは大阪の「アベのハルカス」高さ300メートル・地上60階。
処が東京駅北側にA・B・C・D棟の高層ビル群が計画、建築される事となる。
一番高いB棟は高さ390メートル・地上61階・地下5階。

高層ビルの恐ろしさは、地震・火事それに米国の9・11事件の様な多発テロで
航空機が激突して崩壊する事です。

それなりに備えは万全でしょうが、一番恐ろしいのは高層ビル火災です。
高層ビル火災の恐ろしさは映画タワーリングインフェルノでよく知らされて居る。

今回ロンドンの24階建て高層住宅の火災でその恐ろしさが再現された。

午前1時頃大規模火災が発生、瞬く間に建物は紅蓮の炎に包まれた。

棲んでる居るのは200名以上で炎に巻かれ逃げ場を失った人が次々と高い所から
ダイビングして亡くなったそうです。

現在判って居るだけで死者6名・負傷者74名で益々被害者は増えると言う。

この高層ビルは1974年に建てられ40年余りで昨年大規模な改修工事が行われ
たばかりだったとか。

聞くところによると建物内に設置されてて居る筈の火災報知機が鳴らなかったとか。

現場近くには学校・駅もある住宅地で繁華街も近いとか。

これは人ごとでなく、日本でも起きる得ることです。

高層ビルに居住する人は単に眺めがよいと言う事以外に、この様な災害に対処出来る
様にしておかねばなりませんね。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪参院法務委員会抜き本... | トップ | EUとのEPA交渉・日本側... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL