日々好日

さて今日のニュースは

小池東京都知事・劇場型東京都議会で果たして都議会のドンを引きずり出せるか

2016-10-11 08:42:01 | Weblog

東京都知事が新たに変わった事で、都の是までの色々の出鱈目が暴露されています。

特に石原・猪瀬・舛添と続く3代の都知事時代の出鱈目が白日の下に晒される事となる。

築地市場移転問題・豊洲市場の出鱈目工事・東京五輪の膨大な経費の支出。
どれをとっても都民には大きな問題です。

小池都知事は小泉首相の取った劇場型政治手法を真似て早速都民参加の都議会糾弾の
狼煙をあげた。

しかし都議会は自民党公明党議員がすべて牛耳り全く手出し出来ません。

都知事は都政改革本部を設置し都民を味方に改革に乗り出した。

問題は議会のドンと言われ議会を操り、利権を行使して甘い汁を吸ったと言われる
自民党古老都議会議員等です。

築地市場移転促進派から巨額の政治資金を貰い築地市場移転に尽力したとも言われる。
豊洲市場の電気工事をこのドンの身内の人が請け負った言う噂もあるとか。
そもそも何故築地市場が移転せねばならなかったのか?
それも当初から汚染土壌で問題のある東京ガス跡地を高い金額で都が購入せねばなら
なかったのか?
是は全て石原都知事の鶴の一声で決まった。

またこのドンは五輪道路受注業者から献金を受け、又自らの関係する企業が工事を
請けて居るとも言われとかく利権の臭いがするとの事。

その様なドンです、新たに就任した小池新都知事を目の敵にするのは納得される。
都議会議長であるこのドンはまるで子供の様にあらわに敵対行動を行った。

処で現在都議会は経済・港湾委員会でこれらの問題を審議しています。

盛り土問題。地下空間の問題等で追求して居ます。
小池氏は過去に遡り責任者処分場合によっては退職者も対象とまで言久しています。

東京都の行政も本当にいい加減なものの様です。

ただ問題は戦犯を捜す事でなく、この事態を巧く納める事が先です。

豊洲市場問題も東京五輪問題も解決を急がれて居ます。

小池知事も都議会の賛同がなければ、何も出来ません。
都議会を動かすのは都民の声と言えども都議会は余りにも巨大過ぎます。

さて諸悪の根源の議会のドンを引きずり出して何処まで追求出来るか?
この問題どの様に落とし前をつける積もりでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スキャンダル女王クリントン... | トップ | 南スーダンPKO活動駆けつ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL