日々好日

さて今日のニュースは

終末期高齢者医療について

2016-10-16 08:51:29 | Weblog

日本では尊厳死や安楽死は禁止されて居て、是を幇助すれば犯罪者として裁かれます。

しかし死が判って居て何時までも苦しむのは苦行で酷と言う考え方もある。
本人の意志が確認出来れば意志を尊重すべきと言う意見もある。

ただ親族としてどんな苦しもうと一時で長い生きして奇跡を待ちたいと言う気がある。
親族としては当然の事でしょう。

この頃は医療費増大で国は死が判った高齢者には無駄な医療費を使わない方針に変わり
つつあります。

終末期の高齢者患者で明らかに死が判って居る患者には日頃から患者の意志を確認して
意志を尊重し延命処置を行わない様に支援する事に、厚労省は方向転換した模様。

是は人の命に関わる事で大変難しい問題ですね。

世界では尊厳死や安楽死を容認し延命措置をしない医療行為の国もあります。

本人の意思で無駄な医療を行い何時までも苦しまない。
国も親族も無駄と判って居る費用が節約出来ます。

一つの選択でもあります。

ただ人はどうしても消えゆく命を何とかしょうと言う習性があるので大変難しい。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲市場地下空間から指針値... | トップ | 韓国で公職者への接待・贈答... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL