日々好日

さて今日のニュースは

税と一体改革法案やっと審議入りさてどうなるか?

2012-05-09 08:15:31 | Weblog
野田首相が政治生命を賭けると明言した、消費税増税を柱として
税と一体改革法案がやっと国会の場で審議が始まりました。

野田首相は、法案修正にも積極的対応の姿勢を見せた。

受けて立つ自民党は例によって消費税増税は民主党マニフェスト
違反を繰り返し、衆院解散・総選挙を要求する態度を変えません。

野田首相は建設的立場でお互い国民の未来世代のため協力して頂ける
と信じると希望的願望を述べました。

是に対し野党は民主党マニフェストに掲げた最低保障年金を中心の
新年金制度導入撤回を求めた。

民主党は2013年に法案提出に向けて新しい制度設計を検討すると
回答しました。

又参院で問責決議された2閣僚の辞任要求は事実上拒否した。

昨日の本会議では関連7法案のうち「年金改革関連2法案」を審議した。

10日の本会議では「新子育て関連3法案」を審議する。

そして11日からは「消費税増税関連2法案」の審議が始まる。

昨日審議入りは、低所得者の基礎年金の最低保障の「年金機能強化法案」
と、厚生年金と共済年金統合の「被用者年金一元化法案」2法案です。

自民党は最低保障年金は財源問題で実現不可能現行制度維持を主張した。
又厚生年金・共済年金統合については共済年金拠出に当たり25兆円余で
残り22兆円が職域加算に充てられる事について追及した。

与野党の歩み寄りは前途多難の様相です。

今後子育てでは新こども園を巡り。消費税では低所得者救済の逆進性対策
等問題山積して果たして法案成立まで行くのか大変厳しい物がある様だ。

要は与野党が本気になって社会保障と税一体改革をやる気があるのか?

国民のため与野党が協力する気があるのか?

国会会期は残す処少なくなりました。

真剣に・速やかに審議して欲しいものです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 核燃料サイクル態勢の崩壊か? | トップ | 小沢裁判控訴の衝撃 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL