日々好日

さて今日のニュースは

世界は今トランプ氏一人に振り回されて居ます

2017-02-09 07:59:17 | Weblog

米国の国民は厄介な人を大統領に選んで呉れましたね。

米国ファストを打ち上げ、米国民の・米国民による・米国民のための政治それは米国民に
とっては有り難いでしょうが、世界は米国だけのものではない。

今やトランプ氏一人のため世界中が引っ掻きまわされて居ると言っても過言ではない。
大統領令でイスラム圏7ケ国の人が大変な目にあって居ます。
目の仇にされた日本やメキシコ等の経済的被害は甚大です。
中国に対して二つの中国容認で喧嘩を売り新たな火種を作って居ます。

EUでは難民受け入れ反対勢力の台頭で、英国・フランス・ドイツで新たな紛争が起きて
います。

トランプ氏が英国のEU離脱は懸命な選択を持ち上げれば仏・独等の首脳は不快感を表明。
英国メイ首相も、いよいよEU離脱で、議会承認作業に入った模様。
EUからは裏切者と罵られEUの会合にも呼んで貰えないメイ首相。
トランプ氏とは一番に会談を行ったが、何か微妙な関係の様です

3月にはオランダで総選挙が、4月にはフランスで大統領選が6月には国民議会選挙が
行われ結果次第ではEU離脱もあり得るとか。
フランスは中道・右派が多数派ですが、極右派の台頭が目覚ましい。

8~10月にはドイツ連邦議会選挙が行われますがメルケル首相のキリスト教民主同盟も
決して安泰でなく何が起きるか判らない状況らしい。

欧州でも大衆迎合主義や国粋者が台頭し、トランプ氏の難民受け入れ反対運動に賛同して
加速して居ると言う。

本当に何処の国も、一触即発の爆弾を抱えて居る様な状況ですね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どう展開するのか明日の日米... | トップ | 日本経済は復調したのか?1... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL