日々好日

さて今日のニュースは

日米経済対話開催される

2017-04-19 08:32:17 | Weblog

日本と米国との経済関係はお互いに助け合ってどうにか巧い具合に
回って居ましたが、今回トランプ政権の出現でぎくしゃくし出した。

トランプ氏は米国第1主義でまずアメリカフアースト政策をとる。
米国雇用優先で米国で雇用に貢献しる外国企業は優先するが、外国
へ移転するする企業は許さない。
外国で生産され輸入される品には国境税を課する。
米国の貿易赤字国への報復。

等々各国にとって厳し政策です。

泣く子と地頭には勝てないとばかり、各国や企業はトランプ氏に
尾を振るので益々図に乗って来た感じ。

何しろ米国のGDPは2000兆円と桁外れ、2位の中国はその半分
1000兆円、日本は中国の半分の500兆円と言う処。

日本は矢張り米国や中国があって成り立って居る様なものです。

その米国から日本は不公平な貿易で米国は貿易赤字になったと叩かれ出した。
またもや日米貿易摩擦到来か?

因みに米国貿易赤字7340億ドルの内3470億ドルが中国で日本は1割の
689億ドルに過ぎないが、日本に大変脅威を感じて居るのかあるいは弱い者
叩きを意識して居るのか特別日本への風当たりが厳しい。

トランプ政権は特に自動車・農業関連で強く改善を求めて来ると思われます。

今回トランプ政権との間で日米経済対話が東京で開催されました。

議題としてはマクロ経済・インフラ・エネルギィー等の経済協力。
貿易。投資ルール

等三つを柱に話合われると思われる。

注目されるのは新幹線等インフラ輸出の問題や赤字貿易是正・円安ドル高問題
金利問題等具体的話まで行くかですね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国副大統領訪日・北朝鮮に... | トップ | 地図を読むのは得意ですか? »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL