日々好日

さて今日のニュースは

紐付き補助金全廃について

2010-09-10 15:36:07 | Weblog
今民主党代表選で争点の一つになっている紐付き補助金を全廃して一括交付金とすると
言う点について考えて見たいと思います。

現在一般歳出は53兆円と言われその内21兆円が地方に補助金として交付されます。

是は使用先が決められた所謂「紐付き補助金」と言われるものです。
例えば社会補償として14・8兆円。文教関係2・3兆円。公共事業3兆円と言う様な
具合で14兆円余りは必ず社会補償費としか使用できません。

またその使用については國から色々制約を受け、地方の思い通りにはなりません。

此の補助金を使用方法に一切口出ししない一括交付金として交付すると言う政策です。

地方自治体にとっては自主財源と同じ様に使用する事が出来る大変重宝なものです。

地方主権を推進して居る民主党にとっては渡りに舟で、高速道路や新幹線等地方インフラ
整備を行い地方活性化を図る事として居ます。

ただ問題は現在でも紐付き補助金と言えども貰ってしまえば地方自治体のものです。
中には厳しい審査の目を盗び結構、用途外使用が見つかっています。

この一括交付金に交付については、地方自治体にとって使用が限定されない交付金である
けれども、反面総額の減額に繋がると危機感を持って居ます。

国側も一括交付金として交付するとなれば、國の思惑通り効果が出ない恐れがあります。
そうなると捨て金となる懸念があります。

小沢氏は全面的に紐付き補助金の全廃と一括交付金を即時断行と主張しています。

菅氏は紐付き補助金全廃については賛意を現して居るが、使途外使用を懸念し消極的立場
の様な気がします。

この一括交付金問題はどの様な決着をするかもっと地方を巻き込んだ討議を期待したい。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法人税減税と雇用拡大 | トップ | ペイオフ初発動 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事