人・心・まちを大切に!

希望に満ちたワクワクする地域づくりに挑戦しよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

年末・年始に郷土を感じる

2017-01-05 12:17:52 | 日記

 

加西市上万願寺町東光寺では、1月8日の「田遊び・鬼会式」の準備に、宮委員、保存会の皆さんが慌ただしく動いている。

田遊び・鬼の舞の練習、着付けの練習、鬼の子の練習、口上の練習、松明づくり、役割分担の確認など、毎年のこととは言え、緊張感が高まる時期です。重要無形民俗文化財の伝統芸能を是非ご覧下さい。

また、12月31日には、同じ東光寺にある釣鐘堂で、隣の金剛院の住職の祈祷と共に、町民らが一人づつ108つの煩悩を払うために、除夜の鐘つきを行う。一人2回ついている者もいますが、今年は、多めに払った、などと言いながら年を越す姿がなんともほっこりです。年が明け、隣の若一神社に早速初詣で、帰って、少し仮眠の後、若井町の磯崎神社で初日の出を堪能。

六甲山(たぶん)から上る、今年最初の太陽、今年は天気もよく、ダイヤモンド富士に匹敵するなあ。雑煮を頂きながら新年を喜び合う”西在田”の風物詩。

その後、また帰って、菩提寺にそれぞれ年始のご挨拶。そこで、お神酒をたっぷりいただき、正月やなあ!と。

年末年始の民俗の大移動は、こんなことができることが、一つの実感として感じられること。ふる里を感じるとき。大切な節目だ。と感じるものです。

(お知らせ)1月8(日)午後7時頃より、上万願寺町東光寺にて「田遊び・鬼会式」があります、どうぞ!

12月31日 東光寺・除夜の鐘つき(縦横調整できずすみません、顔を90°傾けて見て)

 

 

磯崎神社(1月1日)初日の出

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この一年をふりかえり

2016-12-17 15:57:29 | 議会報告

新年のスタートを切る前に、昨年を振り返りますと。2月定例会及び9月の定例会において、一般質問の機会を得て、「参画と協働」によるアドプトや地域包括ケアの推進、地域産業の振興のための支援、公共インフラの維持管理及び地域の元気づくりのための身近な道路整備の推進、土砂災害特別警戒区域への支援、獣害対策のジビエからの考察、地域資源(フラワーセンター、鶉野飛行場跡、青野運動公苑など)のさらなる活用による地域活性化など多岐にわたって、県の取り組み状況等について議論してきました。また、常任委員会では、産業労働と農政環境に所属し、諸施策や県内外の現場調査を行ってきました。このような中、兵庫県として、地域創生元年と位置づけ、2月及び9月に大型補正予算を議決し、地域の元気づくりに取り組んできたところであります。

 新年度へのさらなる飛躍を、活力を高めるためにも、必要なときに必要な予算を執行できるよう、行政とのタッグと監視のバランスを取りながら、積極的な施策展開を行っていかなければならないと考えています。

 行財政構造改革10か年の「最終2か年プラン」をしっかり議論し、兵庫の未来づくりに向け、「安全・安心の確保」「県民の活躍促進」「産業の活力増進」「交流の拡大」を最重点課題として、時代の潮流を見定め、新たな課題に対応する施策を積極的に提案して行きたいと考えます。

 今後とも、地域の持つ課題や身近な課題などに適格に対応するため、皆様方のご意見・ご提案に敏感に誠実に取り組みたいと思っていますので、よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OB会へ出席

2016-11-16 15:21:18 | 日記

久しぶりに、OB会に出席した。この会は、兵庫県で主に土木技術者(事務職の方ももちろん居られる)として仕事をし、退職したものの集まりです。

私は、退職後もう5年となるが、諸般の事情で出席できなかった。このような集まり(飲み会が多い)には、たいがい出席していたが、久しぶりに、昔の話に花が咲いた。楽しいひと時でした。

というのも、県土木職は、よく「土木一家」と称され、特に、風水害や地震の災害時には、一致団結し、公共土木施設の復旧に必死で取り組み、ある意味、楽しんでいた(不謹慎かも)とさえ言える。

いざ、災害発生!災害の国の査定を受け、社会基盤の整備が進むことに生きがいを、誇りを思っていた。災害復旧に職員が一体となり、ほかの事務所にも応援に行くのも当たり前のものばかりでした。

退職し、OBとなっても当時の仲間との話がつきません。いまでも、現職時の経験と技術を何とか活かしたいと、防災エキスパートとして登録し、災害時の被災調査や技術支援などにボランティア活動される方も多くある。

少し、自由な時間も多くなり、手持ち無沙汰なのか、地域の防災・減災に、橋梁の点検に、道路のパトロールなど気にかかることあるようだ。

たわいもない昔話をしながら、やっぱり、同じ釜の飯を食った仲間を感じ、楽しい時間を過ごし、と同時に、これから、私の行動の責任の重さを感じた時間であった。

ただ、翌日の早朝からのイベントに出席するため、神戸の夜を満喫することができず、車で帰らねばならなかったこと(酒が飲めない)が非常に残念であった。

楽しくも残念な一日の報告です。では、また。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

靖国神社参拝

2016-10-25 17:23:59 | 日記

先日、靖国神社に参拝の機会があった。

加西市出身(乎疑原神社)の山本さん(靖国神社総務部長)のはからいで本殿に参拝させていただきました。ありがとうございます。記帳とともにいろいろご説明まで。緊張感の中、心をあらため。

明治天皇が命名された「靖国」という社号は、「国を靖(安)んずるという意味で、靖国神社には、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められている。ということです。

後で、遊就館で高潔な人物に交わり学ぶことも試みたが、10万点に及ぶ収蔵品の展示に圧倒された。今度、もっとたっぷりな時間をとってゆっくり見たいものです。以上報告まで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の花と緑を愛でる会

2016-10-18 14:04:11 | 日記

秋晴れの中、フラワーセンターで「秋の花と緑を愛でる会」が開催され、出席してきた。

知事、副知事や県民局長がフラワーセンター入口で出迎え。いつになく大変暑い日となりました。県下、各県民局のビジョン委員ら、たくさんの人々が、手入れされた花壇や温室で花を愛で、県警音楽隊の演奏で豊かな時を過ごしておられた。

お客さんがたは、知事との写真撮影をお願い、知事も笑顔でポーズ。と和やかな雰囲気です。私も、加西市茶道協会の皆さんとご一緒させていただきました。

春の花のボリュームには叶いませんが、秋の爽やかな空間を体験できます。合わせて、菊花展など匠の作品がたくさん出展されていますので、フラワーセンターに是非、足を運んでください。駐車場も整理され入りやすくなっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美田営農のリーダーシップ

2016-10-15 14:59:34 | 日記

素晴らしい秋晴の朝、地域営農のトップを行く玉野営農組合で、乾燥調整施設の落成式があり、地域の人々とお祝いしました。この施設は、飼料用米の乾燥調整に利用し、JAの食用米との住み分けをし、地域の農業とりわけ水田の活用に大きく寄与するであろう。

玉野の地域のみならず、他の地域の飼料米もどんどん処理しますよ!と意気込んでおられました。コメの生産調整が30年度に終了を見据え、不安もあるが、前へ前へ、攻める農業を実戦し、将来に希望の持てる地域づくりに目が輝いている、組合長や組合員。

これから、この組合への見学・視察が増えることも織り込み済み。なんとワクワクすることでしょう。

「当組合の先進的取り組み、その評価も含めて、ブログでの発信と、そのことによる地域、日本の営農のレベルアップに大いに期待しています。」とお祝いを申し上げました。

秋晴れの清々しい朝の一時でした。

 

乾燥調整施設の内部

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芋掘り体験

2016-10-13 20:05:22 | 日記

久しぶりのさつまいも掘り、小さい時から何年ぶり?

梅雨のような天候の合間の晴れ、蒸し暑く、汗だくになりました。

北条鉄道主催の芋掘り体験企画、西笠原営農の畑で、たくさんの人だかり。いろんな企画で楽しんでいる、営農組案と北条鉄道と応援隊。準備も大変だと思うけど、ありがとうございます。

子供たちも、大人も一生懸命。その横で、営農組合の人たちが「ちゃんと大きい芋が掘れるか心配そうな顔。惚れたの声を聞き満面の笑顔に!

地域のやる気のおっちゃん、おばちゃんのパワーに感服。できることから、出来るだけ頑張る!と。こんな感じ!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯖寿司の秋

2016-10-10 15:47:59 | 日記

秋らしい日和、各地域で秋祭り、運動会など、賑やかな集まりが各地域でやっている。

日吉神社の神輿を拝見、伝統の行事でそれそれの村が必死で、楽しく、担いでいる。例大祭での厳粛なお祓いを終え、なおらいでの総代さんたちの声「しっかり、段取りよく、けんかせず、怪我のないよう、最後まで」の確認。

いつもの秋祭りだが、少子高齢化での祭り維持の不安感があるが、この日は、外の子供たちが帰ってきて、はしゃいでいるのみながら、勇気をもらっている。続いて欲しい祭り。今では、幟だけが参道にハタメク村も多くなっている。仕方ないけど、羨ましい面も。

住吉神社の秋祭り                  

地域の運動会での消防団のパフォーマンス

  

また、ある地域は、三世代が仲良くちょとした競争やらゲームで楽しんでいる。ここも少子高齢化で、年々、運動競技は優しくなり、ゲーム形式が多くなった。でも、班対抗の闘志はまだまだ、いろいろ工夫して笑い声が絶えない。

地域の消防団は、日頃の訓練(?)鍛錬、団結力を示そうと、号令に息ぴったりの礼。(?)で、独自のゲームとパフォーマンスを披露。元気と希望を見せてくれた。山間の町。

それぞれの地域に応じた元気を出している。頑張ろう!と帰宅。

秋祭りは、やっぱり鯖寿司やったなあ。と思っていると、天使のような人が、鯖寿司を差し入れてくださいました。ありがたや!感謝しながら、涙が出るような(?)酸っぱい、分厚い鯖寿司をいただいた。これで、私の秋祭り終了!!!!!!!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

敬老会

2016-09-26 18:24:24 | まち

 

先日、いわゆる敬老会に出席、挨拶と少しの時間ですが、催しを鑑賞。

敬老の日には、これまで地域づくりに尽くされてきたお年寄りを敬愛し、長生きを祈念する。とそして、年寄りの知恵をまちづくりに生かそう、と言う設置当時(昭和22年、野間谷村、門脇村長発案)の意味を考える日である、と改めて考える。と挨拶。

この地域は、子供、保護者、女性部、老人など3世代が共に楽しむこととされている。ワイワイ、楽しく、年寄りと交わり、知恵を得られたでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運動会

2016-09-24 16:17:00 | 日記

今日は、加西市内の全小学校で運動会が行なわれました。

素晴らしい天気で、みんな元気いっぱいで、一生懸命。目を細めて見る父、母、じじ、ばば、区長さん、老人会さん、民生委員さん、駐在所のおまわりさん、すべての地域の役員さん、近所の人。地域の一大イベントだ。

生徒の数と同じだけのビデオやカメラ。いくつかの小学校を拝見した。それぞれ特色があるが、どこも、子供が減ったなあ!と。これから、この子供たちが地域を担ってくれるよう大人が頑張らねば!

西在田、泉、日吉、宇仁、富合、九会小学校の演技を見せてもらった。ほかの小学校には時間切れで、見れませんでした。すみません。生徒も保護者たちも「最後まで、大きな声で、応援」の一日で、心がリラックス。

また来年は、違った様子がうかがえるか、楽しみにしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加