「真理の御霊」

近づく物質次元の終わり、「最後の審判・次元上昇・霊性進化」を超えるため、ひふみともこさんに下ろされた神示をお伝えします。

神から人へ ◎地球の次元・今生きる世界について◎

2016年11月19日 | 神から人へ


神から人へ、人を介して教えしことは、

全て神の御心なれば、急ぎて伝えて広めてゆけ。

今を逃さば後には遅く、全て終わりて取り返せぬ。

努力惜しまず、時間を惜しめよ。猶予の期限も近づきぬるを。

地球の危機を救えよ、人よ。

神から人へ。 人の全ての改心。神への感謝の復活を。

神に捧げよ、真の帰依を。与えし生の全てを返せよ。

生ある限り、神に仕えよ。命の全てを神に捧げよ。

神の与えし生なれば、神に返すも理ならん。

その時浄めて、元のまま、無垢なる魂、神に示せよ。




(地球は最も次元の低い星と聞きました。その原因は何なのか。

 どうすれば、次元を高めてゆけるのでしょうか。)


さても根本、基本の問いなり。

これより後の立て替え直しも、次元を高めるためなれば。

まずは最も大きな原因、そが心なり、魂ならずや。

人の我欲が全ての根本。人の欲望、限りなし。

人より己を富ませたし。人より多くを手に入れたし。

人よりえらく人より強く、人を支配し束縛したし。

さなる欲望発達しぬれば、やがては戦争権力闘争。

人を支配す王座を争い、豊かな恵みを奪い合い。

なればこの世にあふるる恵みも一部の人間独占せり。

貨幣を発明流通させて貨幣が全ての基準となり果つ。




人は生まれて死ぬまでに、

いかほどあらば生きられようか。

一生使いて余れる程の、自然を神は与えたり。

なれど、強欲、貪欲なるかな。

無残に荒廃、破壊され、再生危うし。絶滅近し。

無限の慈愛を浪費して、枯渇寸前、不毛の大地よ。

神の嘆きもむべならざるや。

人が自然と調和して、動植物と共存せんよう、

神の創りし地球、宇宙よ。

なれどかくまで疲弊しぬれば、地球は最期を自ら招かん。

人の罪なり。積年の罪。禊ぎきれざる永年の罪。

人の我欲の結果なれば、神も救えぬ、悲しき最期よ。





なれど、一部の目覚めし者が、

今この時の危急に気付き、人類全ての救済賭けなば、

神は歓び全てを許さん。人の愛しき努力と献身。

一人の努力は小さかるとも、やがては広がり、地球を救わん。

なれば、神は望みを捨てず、一部なれども、全てに等しき。

一人たるとも最期まで見守り、力を、光を与えん。





心ある者、悟りし者よ。今は少なく、困難なれど、

今の努力が礎となり、必ず地球は甦らん。

夢を捨てるな。失うなかれ。諦めしときに、全ては終わらん。

神の願いを最期まで、忘れるなかれよ。叶えてくれよ。

日々に終りは近づきぬれば、全力尽くして、捧げてくれよ。

人の誠を、献身を、神は望まん、最期の時まで。

さにて本日伝えぬること、よくかみしめて、納めてくれよ。

今の事態の根源を、今正さずは、全て消えなん。

そは心なり。忘れるなかれよ。







神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/
ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ ◎2005年鉄道... | トップ | 神から人へ ◎医学、医療の罪... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む