「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるため、1999年よりひふみともこさんに下されている神示をお伝えします

神から人 ◎生きることが苦しい魂(たま)へ◎

2017年05月17日 | 神から人へ


神から人へ。

人から神へ、祈りと願いの通じ合うとき、願いは高まり、

神と合い、さらに大きな祈りとなるらん。

なれば、人は神と唱和し、祈りの波動を高めてゆけよ。

祈りの波動に相和せば、さらに大きな力となるらん。




(どのように生きてゆけばよいか悩む人へ

生き方の支えとなるような教えをいただけたらと存じます。)


この世に答えは一つにあらず。

生き方全てのその中に、無数の答え、教えがあるなれ、

そこから人は見つけるべきなり。なれど、そもまた難しきこと。

この世に多くの迷える魂、悩める魂多くあれば、

答えを探すも難しかるらん。

答えを探すこと一つも、この世の大事な行ならん。

なれど本日答えのための、僅かな知恵を示してみせん。

そこから汲みて、読み取れよ。




答えは自ら作り出すもの。世に迷える者多し。

救いを求めて迷える魂、あきらめ捨てて、投げ出す魂。

なれど、全てはこれからの心の持ち方一つならん。

あきらめ、行をも打ち捨てて、勝手な言い訳、口実見つけて、

神から離れて生きゆく者は、やがては自ら堕ちてゆきなん。

なれど、苦難を乗り越えて、今ある道に救いを見出し、

神への感謝を忘れぬ者は、必ず神の光を見出し、

救われ、自ら立ち直りゆく。




この世の栄達、名誉名声、さなるは虚しき、危うき幻。

なれど、真の神の光は、後まで消えず、明るきしるべ。

なれば、この世に失望せしも、神の光を見いだせよ。

辛き困難なるも、やがては明るき光を照らさん。

いつか訪れ、導きゆかん。

その時までの、神の鍛えと、耐える辛抱、忍耐で、

為しうる限りのことのみなせよ。

神の前には、虚飾は要らぬ。

ただに素直に、 厳粛に、己の今を問い直せ。

生きる全てを神に捧げよ。神に委ねて、案ずるなかれ。

神の計らい、経綸を、微塵も疑うことなかれ。




今には今に必要な、行なればこその、苦難なり。

次なる次元を迎えるための、しばしの苦しみ、耐え忍べ。

今の狂いし世にありて、明るく楽しは、偽りならん。

真面目で素直な魂なればこそ、今のこの世は苦しくもあり。

なれどそもまた、しばしの苦しみ。

目覚める前の夜明けの悪夢。覚めれば気づき、悟りとならん。





気づくためには苦難が必要。

ただに平穏、無風の海には、前進もなし、進歩もあらず。

留まることは、後退なれば、逆風荒波乗り越えよ。

なれど、無理して沈むなよ。折れて壊れることは望まず。

努力の姿を、誠を示せ。さにて神は手を差し伸べん。

光の照らす方を目指して、素直に生きて、あきらむなかれ。

この世の行は単純ならん。苦難を苦難と思うなよ。

苦難の意味を読み取れよ。

楽に楽しく苦労なく、そを願うのも致し方なし。

なれど時には人に応じた、苦労困難、必要なれば、

神の慈愛と歓べよ。

今は苦しく、辛かるとも、やがては悟り、意味を知らん。

目先の苦しさ、囚わるなかれ。奥の神意を汲みて読め。

さにて。





◆神様の分け御霊である人間が 神性を取り戻す言霊 ◆


「ひふみ祝詞(のりと)」

ひふみ  よいむなや  こともちろらね  しきる 

ゆゐ(wi)つわぬ  そを(wo)たはくめか  

うおえ  にさりへて  のますあせゑ(we)ほれけん

※3回続けて宣る  


「いろは祝詞(のりと)」

いろは にほへとち りぬるを(wo)わかよ  たれそ  

つねならむ うゐ(wi)のおくやま けふこえて

あさきゆめみし ゑ(we)ひもせすん 




三輪山より 

神棚、観音様への祈り、御縁のある神社で参拝の際は、平穏な日々への

感謝、日本の平和をお守りいただいている神様への感謝の言葉、そして

同じ世界に住む全ての人が平和に暮らせますようにお祈りして下さい。

またお役目のある方は、是非神社での祈祷を受け、出来る範囲での奉納、

「世界平和」を祈願して下さいますようお願い致します。









神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/
ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ ◎人はなぜこの世... | トップ | 神から人へ ◎祈りと祝詞・こ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む