最後の審判(次元上昇・霊性進化)の情報

近づく物質次元の終わり、「最後の審判・次元上昇・霊性進化」を超えるため、ひふみともこさんに下ろされた神示をお伝えします。

神から人へ 「この世の終わりを、人に知らせよ」

2016年11月17日 | 神から人へ



神から人へ。神のみことば、教えなり。

人と伝えし、教えなれば、人の全てに伝えることが、

全ての者の、縁ある者の、み役なり。

素直に正しく心豊かに、さなるようにと伝え教えし、

神のことばを人に知らせよ。






この世の変わり目、この世の終わり。

時は移りて、始まらんとす。

この世の汚れも、間違いも、人の作り文明文化も、

神の御心にそぐわぬものは、残さず消して、作り直さん。

全ての人に改心を。知らずに積みし、罪科(つみとが)を、

悔い(くい)あがなうは、この時なり。

さらに伝えん、真の教え。真のことばと、神の意図。

神は人に伝えるらん。神の思いと人への願いを。人に求むる霊行を。

神から人へ。残りし時はわずかなり。

今まだ知らぬ無縁の者にも、知りてもなさぬ愚か者にも。

等しく与えん、最後の機会、最期の縁なり、この世における。





心し聞けよ。書き止めよ。神の求むる、神の願わる、神の御心、

神の切願。聞いてなさぬも勝手なり。知りて励まぬ、それも詮なし。

なれど、知らずに滅ぶる命のあらば、神は悲しむ、嘆かるる。

神を助けよ、心を汲めよ。

生きて生かされ賜りし、多くの恵みを感謝に表せ。

感謝に表し、返してゆけよ。己の罪をも浄めてゆけよ。

神を求めて信ずるならば、心素直に清らかに、神への信は高らかに。





神は人に願われし。人が豊かに、平穏に、勤めを果たして精進するを。

願い祈りて今日までを、幾月、幾年、幾星霜、

この世の終わりの来ぬように、計らい願いて、神は待たれし。

なれど、ついなる時は訪れ、人の世界の立て替えを、

ついに決められ、始めんとさる。





神は人を思わるる。人が残りて、許されて、再び戻りて、

手伝うを。神の望まる再生とは、人の力で、協力で、

人自らが努力して、この世を浄め、立て直さんこと。

神の力を借りずして、己の能力全てを挙げて、神の力に適うるように、

人が力を合わさんこと。なれば、人よ、神に背くな。裏切るな。

神の心を省みもせず、己一人の独善にて、再生計らば繰り返さん。

同じ過ち、愚行盲動。

神の力に及ぶはずなし。神の神知に適うわけなし。





神は人に示されよう。人の行く道、なすべき行い。

全てが動き働くように、神の仕組みしこの世の原理。

理(ことわり)に外るれば、直されん。法に背かば、罰せらる。

さにて守りし自然の調和。乱し壊すは人間なり。

調和を無視し、真理を解さず、人の作りし、法律規則、

人の汚れを強め深むる。神の望まぬ罰設け、人を裁きて、刑を課す。

人を殺すも、人を罰すも、全ては神のなすべき行い。

分をわきまえぬ僭越を 神は許さず、見過ごさず。

神に帰りて神に問え。己の罪の真の深さを。人間心で測りても

答えは出ぬぞ。過つぞ。さらに増やすぞ、神への冒涜。





この世に通りて許されることにも、神の真理を侵する多し。

真理を曲げて乱するものは、神は残さず、滅ぼさん。

人の正義は正義にあらず。人の美徳に真の徳なし。

神の定めし自然摂理を、人に課されし霊行を、違えて理解、解釈す。

過ち深め、神を侵し、ついには変えなん、宇宙真理も。

この世を治め、この世を動かし、自然の流転、運行定むる、

全ての源、大本を、人よ乱すな、汚するな。

人の欲得、競争にて、神の定めし天理天命、狂わせ壊すは、

神への暴虐。自然の神秘、神の妙、一つもあたわず、人の技。





人の作りし多くのものの、全てに人の計算あり。

人の幸せ、人の豊か、さなるを行なうこと、もの、少なし。

己よければ全てよし。他人はどうであれ、明日はどうなれ、

今ある己が富まばよし。人間心の浅はかは、やがては己に

返り来るを、知らぬ仏の滑稽なり。

神から人、人から神、全ては巡り、返り来ん。

人の行い改めば、神は与えん、さらなる幸を。

人の行い、過ち多くば、神は計らん、人への戒め。





やがては訪る、この世の終わり。

神は人に確かに示さん。明らかにして、目にも見せん。

ことばを伝えん。文字に表し、声にも聞かせん。

素直に、豊かに、平かに、心を澄まさば、自ずと気付かん。

今この時に何を望むか。人にさせたきことの全てを。

人は真摯に、敬虔に、受け止め表せ、真心を。神から人へ。

悲しきことも辛かることも、人のためなり、後のため。

人は感謝し、素直に行なえ。神の望まる霊行を。

僅かの時を惜しみ励めよ。一秒たりとも無駄にせず、

神にまことを捧ぐるべし。神に真を示すべし。

神に使われ働くことを、心に祈り、神に求めよ。





神から人へのお伝えは、一人の幸せ、富みを願わず。

全ての物が平等に、分け合い、助かり、救わるる。

さなるためなり。それのみなり。

神から人へ、最期に与うる教えを守れよ、行なえよ。

神から人へ。繰り返し、伝うることの真の意味を、

神の神意を、悟れ、わが子よ。

親の喜び、悲しみを、汲みて、思えよ、親の恩。

神の御心、大愛を、忘れず讃えよ、胸の奥にて。





神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「神から人へ(下)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ ◎祈りと祝詞・こ... | トップ | 神から人へ ◎人間の進化・ノ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む