「真理の御霊」

近づく物質次元の終わり、「最後の審判・次元上昇・霊性進化」を超えるため、ひふみともこさんに下ろされた神示をお伝えします。

神から人へ ◎物質世界・想念世界(神の世界)◎

2016年11月14日 | 神から人へ


神から人へ、人から神へ。

不明なるは正してゆけよ。神に問いて答えを求めよ。

この世に生きるは難しきこと。

真実界から遠ざけられて、偽り多き世界なれば。

さにて本日何を問うや。




(善悪とは相対的なものなのでしょうか。

悪いことを知らないでなす罪は、悪ではないのでしょうか。

神の世界は絶対善なのでしょうか。)



一つの問いに真理あり。なればまとめて答えをなさん。

この世の世界の善悪は、神の目からは、どちらでもなし。

神の世界に善悪は無し、すべてが事実、

それのみなりて、善悪分かつ基準も無し。

なれど、人の世界には、基準が必要。善悪もあり。

人への害は全て悪なり。

受け手が被害を感じなば、全て悪なり。

受け手が喜び感謝しなば、そは全て即ち善とならん。

基準は全て受け手にあり。与える側には関係なし。

よかれと思いてせしことも、

相手に取りて不愉快ならば、そは皆悪と捉えられなん。

大切なのは己にあらず。

なれば、この世の善悪は、相手の心、判断により、

移ろい変わる、虚しき価値なり。


なれど、そこにも絶対なるは、神の慈愛に基づきしもの。

神の基準は絶対なり。神の秤は相対ならず。

比べる対象、尺度はなし。

ただに神の意図に沿い、神の心に適うか否か。

そにて分かれる、二者択一のみ。

神の心は、人の成長。御魂の進化向上のみ。

なれば、人の基準の悪さえも、時には善となることもあり。

御霊の成長昇華のための、必要悪は、悪にはあらず。




なれど、あやまち、誤るなかれ。人の世界の基準も大切。

人への妨害、迷惑は、全て悪なり。許されず。

人の世界の決まりを教え、神の基準に照らして生きる。

そを教えるは誤りにならず。教えぬことこそ、大人の罪なり。




神の世界は絶対のみ。悪なるものは存在せず。

悪がなくとも善はあり。全ては善なり。善のみなり。

闇はなくとも光はあらん。光を知るには闇は要らぬ。

愛を知るには憎しみ要らず。要ると思うは人の浅知恵。

相対世界の幻なり。

真実真理に目覚めなば、相対尺度に頼らずとも、

絶対真理を悟り得ん。

相対世界にとどまるは、いつまで経ちても、進歩無し。

相対世界は、物質界の物理科学のあやまちなり。

物質のみに目を奪われて、物質からのみ世界を捉える、

有限世界の浅き学なり。

なれば真理は、絶対世界。普遍世界の理(ことわり)なり。

物質世界に生きる間は、知るは困難、不可能に近し。

なれど、神を信ずる者は、自ずと絶対真理に近づき、

真理の道を歩みゆかん。




不可能可能も相対なり。神の世界は可能のみ。

全てを起こし、実現させん。全てを作り、可能となさん。

想念世界は可能のみ。思いは起こり、現れるのみ。

偽り隠すは本来無し。即座に現れ、現実となる。

物質世界はさにあらず。

物質次元の低き思いは、物質のみに惑わされ、

想念世界を認め得ぬもの。

なれば、ますます低くなり、やがては相対のみに生きなん。

早く気付きて昇華せよ。想念世界に目覚めるべし。

想念世界に生きてこそ、御魂の昇華ははかどらん。

想念世界は自由無碍。思いのままにて、囚われ無し。

自ら縛るが人間世界。物質世界の哀れさなり。




物質世界の奥にある、想念波動の力を知れよ。

想念世界の波動によりて、物質世界は容易に変わらん。

想念世界が変わらずは、物質世界が変わらぬ理。

肉体さえも、想念のもの。

想念波動をそのまま写す、鏡の如きの明らかさなり。

肉体のみで生きると誤り、長命祈る愚かさを知れ。

想念汚し、貶めて、生きながらえるに価値ありや。





想念を正し、清らに保ち、肉体いたわり、想念高め、

神の世界に近づく努力。そこから真理はつかめなん。

頭の世界や知識や考え、全てはくだらぬ間違いのもと。

自ずと備わる知恵こそが、真理の道を指し示さん。

心も体も一体となり、自然に生きる道を歩めよ。

道を掴むは己のみ。己の努力それのみなり。

真理の教えを百回聞けども、自ら歩まぬ者には分からず。

歩みの前に考えばかり。

心と体を共に動かす、基本の生を見失うのみ。

生きて初めて生を知らん。生きて初めて神を見つけん。

生きる中に真理は輝き、求めざるとも明らかならん。




求め過ぎるは誤りのもと。何も求めぬことと変わらず。

求める者は、生きるべし。何も求めず生きるべし。

さにて初めて与えられん。気づかぬ間に悟るなり。

なれば、人は、無心無欲に、無から始まり、無に終わるべし。

無とは絶対。相対ならず。

ものさし秤で測り得ぬ、全ての根幹、原理なり。

さにて本日難解なれど、繰り返し読みて、汲み取るべし。

さにて。







神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP  http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の御霊」
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/


ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ ◎神はなぜ人間に... | トップ | 神から人へ ◎日本・日本語・... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む