「真理の御霊」

近づく物質次元の終わり、「最後の審判・次元上昇・霊性進化」を超えるため、ひふみともこさんに下ろされた神示をお伝えします。

神から人へ ◎神に近づき、尊き御魂に進化せよ ◎

2016年11月29日 | 神から人へ


神から人へ、人から神へ。

互いの信頼・信仰のもと、人の進化は神に近づき、

やがては神の授けし頃の、尊き御魂(みたま)に進化せよ。

さにて本日、神と人との領域について、細かく答えん。

そもそも神は人を創り、命を与えしそのときに、

神の御魂を分け与え、人の努力と精進にて、

神の御魂に戻るよう、神の次元に上がるよう、

幾つも試練、困難与え、自ら御魂を磨き高めて、

己の自我や執着を取り、利他の思いの満ち溢れる、

光の御魂になることを、そのときまでを遺伝子に込め、

進化の過程を定めしもの。




なれば人は自ら努力し、神の定める進化の道を、

素直に生きるが、自然の定め。

人が努力し、科学を進め、宇宙の法則、摂理を見つけ、

物質のみの世界を離れ、霊の世界に高まることこそ、

人の進化の早道なるを。

人のなすべき領域は、進化の道を辿ること。

進化の道とは霊へと通じる、物質世界と精進世界の、

融和調和の世界なり。

物質のみに囚わるは、自らの思考の自由を損なう、

低次のままの学に留まる。

本来神と人との間に、境界はなし。連続せるもの。

人の学問、技術の発達、そも行き着かば、神の領域。

犯すべからぬ境はなし。




なれどそこに霊の存在、霊的世界の介在なくば、

人は宇宙の摂理を狂わせ、自然の秩序を破壊せん。

神と人との領域を、分かつ基準はそれのみなり。

霊的目覚め、霊的進化。

今の地上の学問技術は、霊的視点の欠けしもの。

霊的世界を無視せるもの。

医療の技術も一面のみ。人の体の一部のみ。




人の命は体にあらず。一人の命は独りにあらず。

人の命は宇宙とつながり、宇宙の進化と呼応せるもの。

心と体は一体にて、霊的目覚めの時を待ち、

霊の目覚めは連鎖して、全ての人の進化を促す。

霊の世界に目を向けよ。見えざる神の意図に気付けよ。

宇宙の運行、自然の調和、森羅万象、全てに神あり。

神のご意図のなきものはなし。




人は神の意図を読み解き、医学科学に活かすべし。

神のご意図に適うものなら、何の害も、毒もなし。

クローン技術に遺伝子操作、人工授精に臓器の移植。

人は人にて神ならず。

単なる肉体、物質のみの、改造にては何も変わらず。

肉体のみが生きるにあらず。

生きて甲斐ある使命を持たずば、生きる価値なし、

意味もなし。 寿命を延ばすが進歩にあらず。

部品を変えるが医学にあらず。

心と体と魂と、全てが一つの命にて

人の真の健康と、真の幸に寄与するなれば、

肉体のみの医学の限界、人知のされる領域悟れよ。

人知を神知に近づけよ。

霊の世界の無限なる、人知を超えし世界に気付けよ。

霊の世界の研究は、これから先の課題とならん。

さらなる努力、研鑽を。さにて。






◆神様の分け御霊である人間が 神性を取り戻す言霊 ◆


「ひふみ祝詞(のりと)」


ひふみ  よいむなや  こともちろらね  しきる 

ゆゐ(wi)つわぬ  そを(wo)たはくめか  

うおえ  にさりへて  のますあせゑ(we)ほれけん

※3回続けて宣る  



「いろは祝詞(のりと)」


いろは にほへとち りぬるを(wo)わかよ  たれそ  

つねならむ うゐ(wi)のおくやま けふこえて

あさきゆめみし ゑ(we)ひもせすん 









神の声を伝える人
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/
ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ ◎平和への道・神... | トップ | 神から人へ ◎世界の平和、天... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む