「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるため、1999年よりひふみともこさんに下されている神示をお伝えします

神から人へ ◎自分の魂との会話・自分への不満◎

2017年05月16日 | 神から人へ


(魂と向き合い、自分の魂と会話するには、

或いは神様と対話するにはどうすればよいでしょうか)


さてもた易きことならずや。

人はそれぞれ等しく御霊(みたま)を授かり、賜り、

与えられ。さなる尊き魂を、何故粗末に扱うや。

ただに己を大切にせよ。神より受けし生なれば、

神を思いて感謝せよ。神との対話も同じこと。

神はそばにて語りかけ、思いを届け、祈りておるもの。

聞こえぬ理由は己にあり。

魂曇らせ、覆いをかけて、自ら遠ざけ、遠ざかる故。

神はいつにもそばにて守り、求める御霊に答え、導く。

なれば人は素直になりて、ただひたすらに感謝すべし。

神は遠くにあるものならず。いつにもそばにて語りかけ、

内なる御霊に光を注ぐ。無理に変わる必要はなし。

変わる要なき恵みを与え、充分なまでに、光を与えり。

なれば己に感謝せよ。神の恵みを大切にせよ。





神との対話は無心になりて、心を開かば容易になせん。

人は本来神と同じ、汚れぬ御霊を持つなれば、

磨き浄めることのみ行え。

神の教えを伝えぬものは、見破り離れて、近付くなかれ。

人の心は弱きもの。弱みに入る魔も多し。

隙を与える根本の、己の不実を悔い改めよ。

全ては精進、努力が大事。ことは単純、明瞭ならずや 。

遠回りする時間はなし。ただに一途に、時間を惜しみ、

明らかなことのみ行えよ。 神は人をそのままに、

等しく愛し、慈しまん。変える努力は無駄なこと。

そのまま真摯に生きることのみ。

与えられし生を感謝し、今の己を高めることのみ。

今日の行動、努力が明日を、次なる一歩を変えてゆかん。

つまらぬ小細工、あだなれば、囚わる己に先ずは気付けよ。





(人への不満や不快なことばかりを考えてしまいます。

この先み役を担う魂に高めていきたいと思うのですが、

このままの自分で充分に務まるでしょうか)


本日そなたの心の低く、弱まりしことを神に詫びぬれば、

神は全てをご存知なれば、何の不安も、迷いも要らず。

ただに任せて待てばよし。神のみ役は求めずにても、

自ずと神から与える仕組み。そのとき信じて迷わず受けよ。

ただに己のなせることのみ、十二分にも果たしてゆけよ。





(「神から人へ」をもっと広げるための努力は今のままで

充分でしょうか)


そもまた神の仕組みに任せよ。

今は偏に生業のみを、人のなすべき努力をなせよ。





(神示について 何ゆえ人によりお伝え頂く内容が異なるの

でしょうか。 複数の人間から別のことを伝えられたとき、

一方のみを信じることは、他方のお伝えを下さった神様、

御神霊様に失礼ではないでしょうか)


さにあらず。神の真の教えは一つ。伝える元のご意志は一つ。

なれど現界、人間までに下ろされる途中の媒体に、

多くの不純な意思が混じりて、正しき伝えはさらにも少なし。

なれば人は心高めて、清き思いを持つこと難し。

特にも神との交信は、我と慢心の最たるものなり。

己の我欲の強きものほど、他から尊敬、信頼得たく、

自ら陥る煩悩苦悩。 なれど神の使いとなるには、

さらにも清く、謙虚なる、無欲の者こそ、ふさわしき者。

なればそなたも自ら戒め(いましめ)、己の心と魂浄めよ。

己の姿や魂こそは、最も自ら見え難きもの。

なれば正しく姿を見るには、先ずは我欲と執着離れ、

神との交信交流に、己を正して、測るべし。





(でも自分自身が我と慢心に囚われたとき、それに気付く

ことはとても難しいと思います。 謙虚であり続けるには、

どうすべきかお教え下さい)


先ずは己の生に感謝を。生かされ生きることの意味を、

我が身に問えば、答は明らか。全てのものは神の恵み。

自ら作りしものはなし。自ら生まれて生きるにあらず。

自ら働き得しにはあらず。全ては神の慈愛によらん。

全ては神の恵みにあらずや。なれば人は全てを感謝。

己の非力さ、無能さを、忘れることなく、生きるが全て。

さてもた易き行ならずや。

己の根源、大本を、絶えず忘れず、振り返るべし。

生の由来を、運命を、出会いを、別れを、天命を。

なれば人は努力して、神の恵みをさらにも活かし、

自らそれを高め 浄めよ。神を越えることはなし。

全ては神の思いのままなり。

なれどもそれを実現さすは、人の努力と精進のみなり。

なれば神のご意図を活かし、神の心に添うことをのみ。

自ら悩み苦しむことの、いかに心に外れしことか。

いかに神を嘆かすことか。先ずは己のあやまち正し、

神との共振共鳴を。





(人との交流がうまくゆかず、つい心を閉ざし、惨めな

気持ちになってしまうのも、 神様を悲しませることの

一つでしょうか)


そなたの暗き性格なれば、そもまた神の与えし恵み。

ただ徒(あだ)に明るきことが、神の心に適うにあらず。

己の欠点、不足を感じ、さらに努力の糧とすべし。

今のままにて充分ならずや。なれどそこにて慢心せずに、

高める努力と精進を。神は完璧 完全望まず。

常に欠けたる恵みを与え、人の精進昇華を求む。

なれば人は謙虚になりて、神に感謝し、深めるべし。

神の祈るは人の下座。人の感謝と、真の昇華。

神の心と調和すためには、心の汚れを取り行くことのみ。

神の真の意図を読み、謙虚に不足を喜べよ。さにて己の

欠点さえも、神の慈愛の表れなりと、神への感謝を第一とせよ。

そのとき人の心は高まり、欠点さえも変わりてゆかん。

欠点を無くすにこだわるになし。欠点あるを素直に喜び、

そこから執着離れしときに、人は一段昇華せん。

なれど欠点気付くことなく、欠点あるに気付いても、

人や神への恨みつらみは、心の汚れとなりゆくもの。

なれば心の持ち方次第。

我と慢心の行いは、欠点すら気付かぬもの。 人や環境、

運命を、ただに恨みて、愚痴ばかり。

なれど欠点、気付くが始め。その後改め、さらに気付けよ。

欠点なれど欠点ならずを。神の優しき慈愛の表れ。

謙虚の機会と努力の機会、神の与えし、悟りの機会を。

本日そなたの問いしことを、忘れず心に保ちてゆけよ。

惨めになるは神の悲しみ。自ら責めるも、神には辛し。

己の不足も欠点も、全てを神は愛するなれば。

神の慈愛は寛きもの。大きく深く、強く高く。

人の心に測れぬ愛なれ、神に全てを委ねるべし。

さなりて心は安楽に、平穏保ちて、豊かとならん。







神の声を伝える人
ひふみともこさん著書「神誥記」「続神誥記」より
ひふみともこさんHP http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/
ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ ◎霊格・この世の... | トップ | 伊勢ー白山 道 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事