「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるため、1999年よりひふみともこさんに下されている神示をお伝えします

神から人へ ◎宇宙・人類・ 地球について◎

2017年02月15日 | 神から人へ


神から人へ。神から人へ、人から神へ。

互いに通信交信しつつ、分からぬことは問うてゆけ。

知りたきことなど明らかにせよ。






(宇宙について)


では 答えん。そなたの疑問、常に変わらず、曖昧なれど、

さらに深めて知りたくば、明日にも問いを用意をせよ。

明日の未来も昨日の過去も、全ては一つの循環なれば、

宇宙も一つの一大循環体。一つ一つの星々が、

一つの完全完璧なれど、さらに集まり合わさりて、

一つの無限の循環となる。一つの星が一つの生体。

そこに集まる多くの生物、それも一つの宇宙を表す。

なれば生命、生体、全ては宇宙。宇宙も一つの生体系。

宇宙の真理は、生の原理を、生の仕組みは、宇宙の運行を。

全てが一つの法則にあり。

生命物質全てに神の、意図は込められ、託されて、

神のご意図のままに動かん。




宇宙も神の意思を躇し、神の仕組まるままに回らん。

宇宙の星にはそれぞれに、その星治める神もあり。

なれどそれらの神々も、宇宙の全てを動かす神も、

元は同じの元つ神。

一つの生体その内に、神の仕組みを読み取るものは、

宇宙に一つの生を見付けん。

神のご意図は星々にも、一つの生体その内にも、

等しくきこもりて宿りなば、真理原理は一つと知れよ。

宇宙の遠く、遥か彼方の、星の一つに住める神々。

遥か昔の古代宇宙のままに変わらず今も尚、

神と人との交信なされて、神と人とが共に住む星。

さなる地球の古代の如き、理想の星もあるらめど、

今は地球は滅びんとする。

古代の宇宙の星々に、散りて戻らん、神々も。

地球を離れ、元来た星へと、戻る神あり、帰るあり。

なれど救えよ、瀕死の地球を。

地球を創りし神の心を、思わば、見捨てる、適うまじ。

神のご意図を尊びて、しばし待たれよ、手伝えよ。

地球の星の生死を賭けて、神は全てを人に任せん。

今こそ働け、神々も。見捨てる前に、力を惜しむな。




人の生命創りし神も、今は失望落胆せしを、再び賭けて

見届けん。最期の前に人々が、いかに立て替え立て直すかを。

神も最後の賭けなれば、全ての力を、注ぎて試さん。

人よ、応えて神に示せよ。地球の復活再興を。

人の無限の英知を集めよ。

神は信じて人に預けん、神の全知全能を。

なれば余さず使い切れよ。神の恵みを残さず使えよ。

人への愛も惜しみなく、与えて待たん、人の再生。

神は一つの命にも、星にも同じ恵みをもたらし、

星を守りて長らえるよう、全きまでの仕組みを起こして、

後は任せん、人々に。

なれば全ての生命は、運命生死を星と共にす。

地球を守れよ。滅ぼすなかれ。神の祈りを躇す星よ。

宇宙に輝く一つ一つの、美しき星、愛しき星よ。

神の慈愛は限りなく、光となりて星を浄めん。




神の光は波動そのもの。宇宙のすべての星々を、

照らして浄めん、一瞬の間に。

宇宙の星の、一つ一つが、神を称えて、神を祀らん。

神も一つの体系となり、乱さず崩さず、調和を保たる。

一人一人の神々が、それぞれが別なる働きをなし、

宇宙すべての星を動かす。

さらには神の一人一人が、それぞれ別なる星を守らる。




地球も神を迎えし頃より、時は流れて何億年。

時の長さは永きようにて、全ては一瞬、またたき過ぎぬ。

時も一つの循環なれば、巡り巡りて幾度もめぐり、

一つの巡りが、今終わらんとする。

一つ一つの星々は、自由に生命行き来して、

互いに文化や文明を、交流交換、発展させぬる。

一つの星から別なる星へと、神も互いに交流し、

宇宙を治める仕組みを計らる。

なれば地球も遅れずに、必ず戻せよ、始めの零(ぜろ)に。

さにて初めて、始まらん。

新しき命も、循環も、始めの原点、そこより始まる。

新しき巡りの循環は、古き波動を浄め高めて、

次なる次元へ昇らんための、徴なるべし。歓ぶべけれ。



星にも老いの衰えあらん。

命あるもの、全てのものに、老いは訪れ、死を迎えなん。

なれど恐れて、避けんとすなよ。歓び迎えて、受け入れよ。

さにて魂も改まり、さらなる昇華を果たし得ん。

真実真理を受け入れよ。忌みて嫌うは退歩なり。

さにて発展繁栄止まり、ただ衰えて、弱まりゆくのみ。

宇宙の原理に身を任せよ。神の仕組みに委ねて生きよ。

恐れあらがい、抵抗するは、かえりて傷つき 身を滅ばさん。




大願成就を祈らんものは、小さき望みや願いは捨てよ。

神の心に自ら高めて、無欲となりて、泰然と待て。

いかに働き行えど、小さき改善、進歩のなきは、

神の真理に逆らいて、無駄なる努力を行いしを、

よくよく改め、見直すべし。

宇宙の星に、生き方を問え。必ず答えは、真理は見えなん。

宇宙の星の上にある、尊き命に感謝して、

己の無力と小ささに、自ら気づかば、神は救わん。

己の我欲や執着の、些少の差異に拘泥し、

己の枠より逃れぬ者よ。宇宙の星を見上げてみよや。

つまらぬ争い、いさかいも、空しく、儚く、おかしく思えん。




神の慈愛を慰めを、宇宙の星の一つ一つが、顕し、

送りて、安らぎ与えん。そのとき人も、宇宙と合体。

宇宙の生も、自ら預け、宇宙の一部に昇華せん。

人の生き方 考え方、違いはあれど、元同じ。

同じ根源、源流なれば、必ず戻りて、一つとならん。

ひとつに交わり結ばれて、やがては大きな大河となれよ。

細き短き支流に終わらず、本流となりて、全てを呑み込め。

全てを受け入れ、洗い流して、この世を浄めて、あの世に帰れ。

神の大河も一つの循環。この世に働き、清めし後に、

あの世に帰りて、さらに高まる。無限の終わらぬ繰り返し。

なれば全てに循環を見よ。答えは全て、循環にあり。

一つの線上、直線になく、めぐりて戻るが循環なれば。

永き年月、時間の流れも、無限の秘密は、循環にあり。

神の仕組みも、すべての元も、この世を動かす真相原理も、

答えは一つ、循環なれば。




循環の上に、今もある命も、やがては朽ちて、絶え果てなん。

なれど再生、生まれ変わりて、新しい生、命を得ん。

易きことなり、この世を生きるは。

流れに添いて、循環を、心し生きなば、丸く終わらん。

さにて本日宇宙について、最も易しく教えたり。

なれど人知に考えて、分かるは難し。不可能ならん。

明日にも問えよ。本日の、続きを教えん。問いを設けよ。






神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/
ジャンル:
宇宙開発
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ◎四方の神(祓戸四... | トップ | 神から人へ ◎仏教とキリスト... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事