最後の審判(次元上昇・霊性進化)の情報

近づく物質次元の終わり、「最後の審判・次元上昇・霊性進化」を超えるため、ひふみともこさんに下ろされた神示をお伝えします。

三輪山より ◎「天津祝詞の太祝詞事」◎

2016年10月14日 | 三輪山の巫女より




(三輪山よりお役目のある方に)

「大祓詞」の中の「天津祝詞の太祝詞事」は封印されていたものが

読んで良しと許可が下りましたのでお伝えします。

「天津祝詞の太祝詞を宣れ」の後に 3回続けて読みます。

「祓祝詞」 も力がありますので「大祓詞」に続けて読んでください。

「いろは祝詞」、「ひふみ祝詞」3回、「天地一切清浄祓」

「六根清浄大祓」、「大祓詞」、「祓祝詞」の順です。






「天津祝詞の太祝詞事 あまつのりとのふとのりとごと」  

高天原に神留り坐す

(たかまのはらにかむづまります)

神漏岐・神漏美の命以ちて

(かむろぎかむろみのみこともちて)

伊邪那岐命

(いざなぎのみこと)

諸々の禍事罪穢れあらむをば

(もろもろのまがごとつみけがれあらむをば)

禊祓給ひし時に

(みそぎはらえたまいしときに)

祓戸の大神阿波岐原清め給え 

(はらえどのおおかみあはぎはらきよめたまえ)

※3回続けて読む





「祓祝詞 はらえのりと」   

掛けまくも畏き伊邪那岐大神

かけまくもかしこきいざなぎのおおかみ

筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に

つくしのひむかのたちばなのおどのあはぎはらに

御禊祓へ給ひし時に生り坐せる

みそぎはらえたまふときになりませる

衝立船戸神      つきたつふなどのかみ

みちの長道磐神  みちのなかちはのかみ

時置師神       ときおかしのかみ

和豆良比能宇斯能神  わつらひのうしのかみ

道俣神        ちまたのかみ

飽咋之宇斯能神    あきくひのうしのかみ

奥疎神        おきさかるのかみ

奥津那芸佐毘古神   おきつなぎさびこののかみ

奥津甲斐弁羅神    おきつかひへらのかみ

辺疎神        へさかるのかみ

辺津那芸佐毘古神   へつなぎさひこのかみ

辺津甲斐弁羅神    へつかひへらのかみ

八十枉津日神     やそまがつひのかみ

大枉津日神      おほまがつひのかみ

神直日神       かむなほひのかみ

大直日神       おほなほひのかみ

伊豆能売神      いづのめのかみ

底津少童神      そこつわたつみのかみ

底筒男命       そこつつのおのかみ

中津少童神      なかつわたつみのかみ

中筒男命       なかつつのおのみこと

上津綿津見神     うわつわたつみのかみ

表筒男命       うわつつのおのみこと


祓戸四柱の神達とともに

はらえどよはしらのかみたちとともに

諸諸の禍事罪穢を

もろもろのまがことつみけがれを

祓へ給ひ清め給へと白す事を

はらえたまえきよめたまえともうすことを

聞こし食せと恐み恐みも白す

きこしめせとかしこみかしこみももおす









神から人へ◎お役目のある方へのおことば ◎



さあ、時は、残されし時はわずかなり。

神の力となれ。神の助けとして働け。

身をもって示せ。

神への感謝と、神への恐れを忘るるな。

片時も離れるな。

神の光を、その額に受けよ。

その体と魂に、一心に賜れ。

神は一人一人を、救わんとされておられる。

その神の御心を知り、そなたも神の子として、

神の助けとなりて、心と体と魂をもって

神に使われよ。神のお仕組みに従え。




心素直に、心高く、心清らかに、

そして魂を高め、自らの神の心を甦らせよ。

そなたは、永久の神の国をこの世に作らんとして、

下ろされし魂の一人なり。神の子の一人なり。

そのみ役を思い出せよ。

この世に下ろされし前に、神と約束せしことを

今、思い出し、それを果たせよ。




人間心は、もうならぬぞ。時はないのだ。

人間心は捨て去れよ。人間心は脱ぎ捨てよ。

人間心、人の心、魂の汚れ、曇り、気の迷い、

一切を捨て去り、神の心に立ち返れ。

そなたに命じん。神の命を。そなたに伝えん。

今このとき、この日をもってそなたに伝えん。

神の詔(みことのり)をそなたに伝えん。

忘るるな、怠るな、神の行を、神の命ぜし神の行を。





神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「神から人へ(下)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/
ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ ◎神知と人知の違... | トップ | 神から人へ ◎聖なる山・富士... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む