「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるため、1999年よりひふみともこさんに下されている神示をお伝えします

神から人へ ◎この世がある意味・神縁について◎

2017年03月21日 | 神から人へ



神から人。神から人へ、伝え、教え、気付かせ、さにて人の魂浄め、

御魂(みたま) 禊(みそ)ぎて、高め、浄めん。

さなるご意図で作られし、物質、仕組み、自然に境遇。人は気付くべきなり。

悟るべし。己の至らぬ思いや念が、己を傷付け、魂汚(けが)すを。

人の心に汚れを作り、曇りを生ぜし我欲に執着。先ずは気付きて悟るが大事。

想念のみの修行にあらば、人は永久に昇華進まぬ。さにて神は、

物質、事物、仕組みを持ちて、修行を助け、気付きと悟りの機会を図らる。

なればこの世の現象、事物事象、全てに神の神策あり。人を浄化し高めんと、

図られ、仕組みし、ご意図あり。人は、困難、苦難、艱難に出会うその度、

悟るべし。神のお仕組み、ありがたし。人は己の困難の時に、神を求めて、

神とつながる。





神を知らざる者はなし。なれど知りても信じず。出会いても敬(うやま)わず。

やがて死にゆくその日まで、神の存在、気付く少なし。そもまた縁なり。

運命なり。おのが欲して、縁を求めば、神は計らい、仕組まるる。

なれど、望まず、遠ざくるは、縁も結べず、神を離れる。神から離れし人の

御魂は、禊(みそ)ぎの機会も少なくなりて、この世の繁栄、富、名声、

さなる俗世の欲望満たす。事物に恵まれ、栄えど、神に捧げる心なければ、

この世の行を果たすことなく、あの世に戻りて、行を課さるる。





神のみ役はありがたし。望まば許さる、神の手伝い。心の昇華を謙虚に願い、

神のお役に立ちたしと、祈らば、届かん、神への感謝。

神は、人の魂一つ一つに、神の経綸、埋め込みし。そを目覚ますが、神の縁。

神と出会いの縁を得て、人は気付きて、神行、始むる。素直に行じ、縁を喜び、

神に感謝の精神で、さなる昇華を一途に望め。

禊ぎ浄めの、困難、病いに、貧困、数あれど、人は悟りて、気付くべし。

一つ一つに試しあり。応えて見せよ、おのが心。高き理想と、深き感謝を。

さにて人の御魂は禊がれて、雲り一つも残らぬほどに、澄みし御魂と浄めらる。

なれば素直に行を積めばよし。





神とご縁を得し後には、ご縁を切らず、自ら離れず、ますます感謝報恩で、

使っていただく。禊いでいただく。さなる思いが先ずは第一。

次に肝心、大切なるは、人とのご縁。お仕組みなり。神には感謝捧げれど、

人への感謝は軽んじる。なれど、人とのご縁も、神の計らい。

人の霊行神行を、助けんために出会わすなれば、ご縁の感謝も、神への感謝。

ただひたすらに、務めればよし。わずらわず、神に預けて、任せておけ。

さにて、次の教えを伝えん。神は、この世に生まれ、死にゆく人の、

一人一人を昇華させんと、お仕組み、出会いを作られし。

なれど、気付かず、悟りを得られず。縁なく終わる、この世の生。

神の図らるお仕組みは、人と人とを出会わせて、心を通わせ、力を合わせ、

互いの能力、人格を、高め合わせて、昇華させん、さなる願いの深慮なり。

なれば、浅き知恵にてこの世を渡り、つまらぬ名声、名誉を博すも、

心の成長、御魂の昇華は、神の心に遠く及ばず。

やむなく禊ぎを与えられ、気付かせ、悟らせ、神の道に、導き、

昇華を助けんと、願う思いも、通じる少なし。なれば、神の図らる禊ぎや

苦難は、神の霊行授けんための、尊き慈愛なり。





神は、人の霊行・神行を、人のなすべき最も尊き、御魂の修行と定めらる。

なれば、人は、この世にて、おのが魂浄めんために、神の賜る霊行を、

人と比べず、励むべし。一人の行い、一人の修行。なれど、神を手伝い、

助くるためには、一人の力はあまりに小さし。合わせて、集めて、

初めて神の力と強まる。なれば、神の手伝いせんために、自ずと集まる

人のあるらん。そを大切に、見逃すな。神の仕組まる出会いには、

必ず意図あり、神意あり。己を禊ぎ、高めんための、出会いもあらば、

別れもある。なれど、心し、忘るるな。神の仕組まる出会いには、

必ず神を手伝わせ、神とのご縁を深めんための、神の慈愛が秘めらるなれば。





ただいたずらに人を集わせ、神を崇(あが)めて祈りを捧げる、神の心に

離れし行い、神の心に適(かな)わぬ行を、過(あやま)ち行う、宗教あるらん。

なれど、それは、仕組みにあらず。神とのご縁は結ばれぬ。

真(まこと)のご縁、神縁は、図らず起こり、図らず進む。己の意図せぬ、

人知を超えて。なれば、素直に従い導かれよ。疑うなかれ。案ずるな。

あれこれ想い、わずらうは、時の無駄なり。心の徒労。神に預けて、案じて、

平らかに行き、行に励めよ。

日々の霊行、疲労も溜まらん。疲れ癒して、怠(おこた)りなきよう。

心の汚れ取りて頂く、感謝の思いを忘れずに。神に感謝、仕組みに感謝、

感謝せぬはなきほどに、己の全て感謝捧げよ。神はお側についておられる。

そなたの目となり、耳となり、そなたに変わりて、そなたを動かす。

要らぬ心配、取り越し苦労、くだらぬ浅知恵、知恵にもならぬ。よくよく仕え、

行じればよし。それが全ての霊行なり。心素直に、単純に。

全てを理解し、解き明かさんと、力みて聞くは、神意を枉(ま)げん。

さにて。






神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「神から人へ(上)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪の祈り(ひふみの祈り)
http://kukurihime.blog.jp/
ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ ◎人間の結婚・子... | トップ | 神から人へ ◎明日は我が身・... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む