「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるため、1999年よりひふみともこさんに下されている神示をお伝えします

神から人へ ◎愛について・愛の次元を上げよ◎

2017年03月12日 | 神から人へ



神から人へ、人から神へ。

愛というも広き意味、多くの意味を含めるもの。人の愛とて

様々ならん。親子の愛に、兄弟の愛、男女の愛と、師弟の愛。

異なる思いのこもるものなれ、全てを一つのことばに表わす。

人の世界の愛とても、単なる感情、心にあらず。相手を思い、

気遣いて、相手の幸せ、無事を願い、陰より祈り、捧げる愛。

相手と共に苦楽を分かち、互いの理解を深め合う愛。

無償の愛とは得難(えがた)きもの。人なればこその尊きもの。

己の得や利をかえりみず、唯ひたすらに相手を思い、

相手の幸を願うこと。そにて満たされ、報(むくわ)れる愛。





今の人世にはびこるは、我(われ)中心の自己愛ばかり。

己の欲求、欲望を、満たすがための、感情のみ。なれば

そこには真(まこと)の幸福、豊かな心の触れ合いもなし。

与えられることのみ望み、自ら与える優しさもなし。

相手の成長を願うが愛なり。神の愛もそのことのみ。

ときに厳しく、ときに冷たく、子の成長を望むもの。

転べど助けず、手を差し伸べず。自ら起きて立つを待つ。

厳しさ伴う愛こそ真。自ら傷つくこともあらん。

人への厳しさ冷たさは、己にとりてはさらにも辛し。

なれどそに耐え、己を抑え、辛き峠を共に乗り越え、

やがて一段昇華(しょうげ)を遂(と)げん。





人の愛とは進化するもの。御魂(みたま)の成長、昇華と共に、

愛の次元も高まるものなり。自らに問い、考えよ。

真の愛か、偽(いつわ)りか。正しき愛か、あやまちか。

相手の成長、己の成長、促(うなが)す愛か、妨げか。

愛とは深く、難(むずか)しきもの。一時の感情、すぐにも消える、

泡沫(うたかた)ならぬ、永久(とわ)のもの。なれば人は

愛を高めよ。愛とは人の至高の宝。神より与えし宝なり。

そを輝かせ、光を放てよ。己の奥にて曇らせず、さらに磨きて、

光を強めよ。愛なき命は人ならず。人は愛にて生きるもの。

愛し、愛され、尽し、尽され、さにて人は命の意味を、

甲斐ある命を見出さん。愛を深める命を生きよ。人の愛から

神の愛へと、深め、高めて、人を愛せよ。






神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「神誥記」「続神誥記」「神から人へ(下)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪の祈り(ひふみの祈り)
http://kukurihime.blog.jp/

ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ ◎人間自身の立て... | トップ | 神から人へ ◎社会から脱落す... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む