「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるため、1999年よりひふみともこさんに下されている神示をお伝えします

神から人へ ◎最後の審判(次元上昇)までに ◎

2017年04月21日 | 神から人へ





真の神の世界とは、呪文や儀式、生贄(いけにえ)も、

全て望まぬ無用の無駄なり。

真の神の世界とは、単純に、心の奥にて結ばれて、

一人一人の心の宮に、神の社を立てればよからん。

そが全てなり。神意なり。

地上天国実現は、真摯に謙虚に生きることのみ。

それのみ神に通じる生き方、神の心に適う生なり。





祈りの一音も、肝心要(かなめ)は心なり。

唱える祈りに欲のなく、ただ純粋に、無心無欲に。

そのみが神に届く、神聖無垢なる祈りならん。

早くに目覚めよ、悟れとは、心の迷いなり。

心の向上、浄化のなくば、いくら正しき祈りの言葉も、

単なる無意味の音のつながり。空にて消える空しき音のみ。

早くに気づき、進めるべきは、今、現実の己の生き方。

他人の幸せ昇華を祈り、地球の再生、環境保護と、

自然の命の恵みを守り、神の与えし全てに感謝し、

神の祈りに応えることのみ。神の祈りは、誠の望みは、

人の心の向上と、魂、霊の波動の高まり。

神の世界の実現は、神の仕組みし力によらず。

神の働き、神力ならず。全ては人の努力あるのみ。




神の仕組みは、地球次元と、宇宙次元の向上なり。

そのとき全ては同時に進化し、発展成長、昇華せん。

神の世界の進化も進み、次には現界、人間界の

遅れし進化を待つのみ。

神の世界と人間界と、宇宙全体余すことなく、

全てがあまねく進歩するべし。

遅れるものは滅ぶのみ。雲散霧消し、無とならん。

宇宙の再生、新生のため、甦ることもあらばこそ、

もとの魂、霊魂は、完全消滅、復活せず。






伝えし教えを守り、日々実行し、

つまらぬ迷いに惑わされず、

己の道を見失わず、ただ地道に歩むことのみ。

それ以上になく、それ以下もなし。

平穏無事なる無風の日々を、神の恵みと喜ぶべし。






神の声を伝える人
ひふみともこ 著書 「続神誥記」「神から人へ(下)」より
ひふみともこさんHP 
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女 
「三輪の祈り・ひふみの祈り」
http://kukurihime.blog.jp/


ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ ◎ミロクの世・現... | トップ | 神から人へ ◎聖なる山・富士... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む