「真理の御霊」

近づく物質次元の終わり、「最後の審判・次元上昇・霊性進化」を超えるため、ひふみともこさんに下ろされた神示をお伝えします。

神から人へ ◎人はなぜこの世に下ろされ生きるのか◎

2016年11月18日 | 神から人へ


神から人へ。

神から人に、伝え、与え、もたらせし、数々のみ恵み。

数々の恩恵、さなる中で、とりわけ大切なるは、

ことばなり、文字なり、光満ち溢れる魂なり。

それは、人のみに与えし、神からの授けものなれば、

人にあらざる動物、植物、自然、昆虫、その他のものには、

分け与えられぬなり。なれば人の人たる由は、唯一に、

神から分け与えられし、ことばと文字と魂なり。

人が命よりも大切に守るべきもまた、神から授けられし霊行、

心行、体行なり。人はそれら行によりて、さらなる昇華、許され、

み役賜り、己れの務め、知ることにより、己の魂を高めることを得る。





なれば、人は、おのが魂の向上、精進、昇華、それなくては、

人の人たる意味もなく、ただ、生きて快楽を得、体を喜ばすのみの、

何ら意味なき、消費の生を、終えるのみなる。





人が自ら、作れるもの、そは、おのが食するための作物、

おのが使い用いるための様々な道具、物質、自然を変えて、

おのが利欲のために作り変えることのみ。ときにそは、

自然を破壊し、体系を崩し、おのが生存すらを危うくする

なれど、欲に目を眩ませし人の愚かさ。いつかおのが命を縮め、

おのが健康損ねしも、なおかつ、利便、利欲、権力を

飽くこともなく追求す 悲しく哀れな生き物なり。




おのが命を縮めてまでも、何を得、何を手に入れんとするなるか。

あの世に持ちて、ゆけるものなし。この世にて、積みし罪のみ、

持ち来るか。おのが汚せし魂を、あの世で、禊ぎ、浄めるか。

この世にて貯めし欲得、執着、汚れ、全て浄めることの

苦しく難しきことなれば、この世に生きる間に、浄め得るだけ、

浄めゆけ。禊ぎ(みそぎ)得るだけ、禊ぎゆけ。




何故 人は この世に生まれ 短き生を得、み役を賜るか。

そは 執着を取り、我欲を離れ 人のために生きることを通じて 

神の心を学び神の心を知り、自分も神に近付く修業のためなり。





なれば、神の心に最も適わぬ、我欲我執と利己主義は、

神から嫌わる性根なり。悪癖なり。汚れなり。

なれば、この世に生まれ、生きることの意味を、日々神に問い、

己を省み、神にただせよ。今の生き方、魂の在り方、心の持ち方。

神は厳しき方なれど、人を苦しむことを忌まれる。

なれば、その魂に見合う行を課され、その者が一つ昇華すれば、

そに応じし、行を与えらる。

なれば、人は、今の行を、おのが成し得る、最善の行と悟りて、

不満なく行じ、感謝捧げるが、あるべき在り方、姿なり。

ときに苦しく、辛くとも、行を積み行く、人の御魂は、

明るく輝き、光満たさる。ただ一途の、損得なしの、無心にて、

おのが行をば、積みて励めよ。

神は見守り、行く手を照らし、おのが導き、案内せんと、

人を使い、物を使い、仕組み起こして、その魂の精進、昇華、

さらなる光を授けゆかれん。有り難くも、尊き仕組み。

なれど、努力と精進の、御魂の証、行の結果。

なれば、人は、神を恨まず、己に向かい、厳しく見つめよ。

問い直されよ。必ずそこには答えあり。

訓示あり。啓示あり。神の御心ご意図あり。

人に気付かぬ、神大愛。人に知り得ぬ、神仕組み。

人の人知で、測れぬ経綸。なれば、人は、委ねる他なし。




神に作られ、神に与えられ、神に定められ、この世を生きる。

それ以外の何あろう。

人の努力は空しきあがき、人の抗い、うたかたなり。

風に飛ばされ、波に消ゆ。この世の何も、残し得ず。

己と共に朽ち果てる。浮かび、沈むの繰り返し。

なれどそもまた、神のご意図。

おのが変えんともがきても、ただ苦しみを強めるのみ。

ただ懊悩を深めるのみ。





神に許され、この世に生かさる、幸を悟るが、救いならん。

己を救う、答えならん。 問うても解けぬ、答えなし。

神の知り得ぬ、秘密なし。全てを見抜き、全てを見通す。

全ては神の決められし、定められたる、仕組みなり。

人知に知りえることの小ささ。

何を知ろうと、何もなし得ぬ。何変えようと、何も変え得ぬ。

ただ、生かされ、許さるることのみ行なう。

そが人間なり。人生なり。この世の時間、修業なり。




なれば、人は、迷い捨て、時間を惜しみ、行に励めよ。

正しき努力と、正しき行。道過たば、行は進まぬ。

行くて、阻まる。神の御心に、適う行、神の引かれし道のみが、

人の昇華を、助け、早める。

神に賜るこの世の行を、神に感謝し祈り、行なう。

そが全ての元なり、根本なり。

おのが愚かな考えで、よそ事思うな。求めるな。

ただひたすらに、おのれの道を、迷わず進むことのみが、

神喜ばす、魂なり。なれば人は素直、忍耐、無心無我、

謙虚と感謝、真心の浄き御魂と磨きゆけ。

神に愛でられ、認められ、この世を生きる。行に生きる。

さにて、人は幸を得ん。魂浄まり、心浄まる。

浄め高めて、汚れ落ちなば、人は自由と安らぎを得る。

人が行き着く、道の果て。

そこに神を見出さば、魂救われ生まれ変わらん。

行き着く先に光あれ。神の慈愛とみ救いあれ。

おのが努力は、神に捧げよ。神に示せよ、心の衷心。

なれば、人は、神によりて許されん。み役賜らん。

おのが魂に見合うみ役を。

長きことなれど、よく堪えられよ。応えられよ。

使命なり、天命なり。逃れることなき務めなり。

み役果たすは、嬉しきこと。辛き中にも喜びあり。

しばしの我慢も、修業なり。

苦労、忍ばれ、さらに昇華を。さにて終わらん。





神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「神から人へ(下)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/
ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ ◎時空を超える情... | トップ | 神から人へ ◎ミロクの世・現... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む