カミカミ亭にゅうしのブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

大須で江戸噺 4月27日 第2部

2017-05-02 21:01:59 | 落語
口上 伯枝 北海道札幌出身 エゾシカ 硬めで癖がある 遊馬 車で5分ほど 埼玉県 桶川市 鯉栄 エキゾチック 栃木生まれ埼玉育ち フィリピン顔 昇之進 花粉アレルギー スギ ヒノキ 薬 ぼ〜っとしている 夢花さん B&Bのシール貼ってある鏡 目に穴 画鋲 米福 建物 老朽化 屋根から雨漏り 前座 歌丸師匠に楽屋で傘さしてる 認知症 ガッカイ 楽屋の会 圓馬 4年ぶりに大須で江戸噺 復活 5日間 ワンコイン500円 金のシャチホコとかけまして 週刊誌の中吊り広告 尾ひれがついて大きくみえるでしょう 謎かけ オワリでございます

神田鯉栄「出世の馬揃い」64名講談 講釈師 半分以上女性 30数名の女性講釈師の中で一番美しい袴を履いてまいりました200ちょっと400ちょっと 客を呼ばない芸人ラジオに出してもらおう 知り合いの知り合いの知り合い つボイノリオ ミヤチのあの日に出た タクシーで流れてる 臆病なタチ CBCから大須 気づいてもらう エキゾチックな顔立ち 間違ってたらごめんなさい 沖縄の方ですか? 本を読みながら 読む講釈 ハリオオギ自分で作る 信長 岐阜 天正 馬喰2人 加納 馬細い ヒヒヒーーンソウ
山内一豊 講談会の宮里藍 ゴルフの腕前 沖縄の税金1割 宮里家で収めてた 父母に聞いた沖縄に行ったときできてる 鏡 鉄で出来てる 馬揃え 鯉栄サン 大奮闘 会の雰囲気をあげるあげる 明るく 気持ちのいい講談

春風亭伯枝「禁酒番屋」待ってました 仕込んでなく さくらでなく 知り合い 東海ラジオ コーナー 生き生き仏教用語7時40分から41分 25秒 喋ってくる9割 心配事人に心配事喋ることで健康保っている シンパイテイシ 頭を丸めろ パンチパーマ 酒を飲むのまかりならん 酒を飲む 拍手 なかなかしぶといお客さまだ 細面のいい男 噺家にするの勿体無い うまい落語

三遊亭遊馬「佐野山」江戸時代寛政年間 おっかさんの中から出てきた すでにおっかさんと同じ大きさ 背中にチャック タニカゼ お相撲の神様 親孝行したくないのに親がいる コンクリー 鼻 ぼきー 鼻血 歯バーン ボキボキボキ目のため ギョロリー 砂を払って入れるホントの話 中日スポーツに書いてあった 相撲負けても下駄さえ履けば カッタカッタと音がする カンダテツゴロウ ミヤコドリー フジのヤマー 三遊亭圓馬夫人 俺がついてるぞ〜 こんなもんついてても何にもならない 佐野山お囃子つき 稲葉千秋 三遊亭圓馬夫人の三味線はアレンジが独特 あの場にいれてよかった 遊馬さんも のってすごい作品になりました

春風亭昇乃進「深夜のタクシー」あの伝統の大須演芸場閉鎖か 席亭が逃げちゃった うまい具合に 外観が変わりすぎていて 楽屋 トイレ きれいになった 浅田真央引退 まおちゃん カゴイケ カゴイケ まおちゃんものごと やめる 定年引退 体力の限界 死ぬまでできる職業 60で中堅 59まで若手 今年左手小指中指痺れる 脳梗塞頚椎の髄膜なくなった原因 カレーですねえ 足痺れる 腰椎狭くなっていた一年に4回 きてください 夏に恨んでる 冬は恨んでないのか? タクシーに出てくる幽霊 青山墓地 酔っ払い ネクタイ 頭 中央フリーウェイ 府中競馬 サントリー 5千円 2千円 千円 札 3枚 円山応挙 どんな幽霊 あのやろっしょんべんもらして行きやがった 昇乃進さん いつも一生懸命 太り過ぎのガマガエルのよう 新作 おもしろかった

桂米福「唐茄子屋政談」勘当 夕立にあたればきれいになるか 大川に蓋はない傘貸してやってアオッパ引いといて 暑さにやられないまじない 菜の花や 向こうの蝶の 屋根が見え 知らせないのーに 推し抱いた 誓願寺 おまえがトーナス担ぐんだったらおとっつぁんの肩のにがおりらあ 米福さん 本寸法の江戸噺 この人はこういう話が似合う じわじわきてる師匠

幕間に物販にきた昇乃進さん
今や江戸噺のエース 遊馬師匠
主催Facebookより 今回のメンバー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひるおび! 志らく倉吉市 | トップ | 花緑師匠 大須演芸場 5月3日 ① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL