神泉小学校ブログ

学校の様子を伝えます。

幸せとは何か?

2016-10-11 07:30:00 | 神泉の自慢の授業

今日の全校朝会の校長先生の話は「幸せとは何か?」ということについてです。

毎回のことですが、校長先生は、校長講話の準備に余念がありません。

この日も、早く来て最終チェックをしておりました。

この日は、2012年にリオデジャネイロで開催された国連持続可能な開発会議(リオ+20)でのスピーチを紹介しました。

当時、大変話題になった、ウルグアイのムヒカ大統領のスピーチです。

給料の大半を貧しい人のために寄付し、大統領公邸には住まず、町から離れた農場で奥様と暮らしている大統領です。

花や野菜を作り、運転手付きの立派な車に乗る代わりに、古びた愛車を自分で運転して、大統領の仕事に向かいます。

環境が悪化した地球の未来について話し合う会議の終盤で大統領のスピーチは行われました。

たくさんの「欲」によって、地球環境を悪化させてしまったのにも関わらず、一方では、最善の方法を考えようとし、もう一方では「欲」をぬぐいきれない人類に対する警告を大統領はスピーチをとおして発信したかったのでしょう。

『環境悪化の本当の原因は、私たちが目指してきた幸せの中身にあるのです。見直さなくてはならないのは、私たち自身の生き方なのです』

『社会が発展することが、幸福を損なうものであってはなりません』

『発展は、幸せをつくるための見方でなくてはならない』

『私たちがよりよい生活をするために戦うとき、これを覚えておかなくてはなりません』

校長先生は最後に、子どもたちに問いかけました。

「本当の幸せとは何でしょう?」

子どもたちは、何を思ったでしょうね。ブログをご覧の保護者の皆様、子どもたちに聞いてみてください。

そして、ご家族で語ってください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落花生の収穫 | トップ | なかよし体験学習 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感謝する心を持っている人は幸せになれると思うダス。 (大左衛門)
2016-10-13 21:32:48
校長先生、時宜にかなった為になる話をありがとうダス。何事にも感謝する心があると満足して幸せを感じるダス。でも今の世の中は、不満、ねたみ、怒り、利己心、反抗の精神などがみなぎっているダス。子供たちには、心の平安と感謝する気持ちを失ってほしくないダス。校長先生、これからも心を健全に育てる教えをよろしくお願いするダス。
敬服です (うーちゃん)
2016-10-14 08:03:55
いつもながら、ネタをどこから探してらっしゃるのでしょう…校長先生は

アンテナの張り方が凄いですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。