資格マニアのページブログ たらい舟操縦士海技免状で387個目、挑戦と挫折の記録

資格マニアの中小企業診断士が語るビジネスや面白資格のブログ。人材育成、ガス・建設・労働安全資格等でメシを食っています。

TOCforEducation研修に参加

2017年04月24日 | 診断士活動(研究会)
新・中小企業診断士の実像
クリエーター情報なし
同友館

 

 土曜の午後は、組織開発研究会の月例会に久しぶりに出席、この日は、TOCforEducation という研修であった。TOCは、制約理論と言って、ゴールドラット博士のベストセラー小説ザ・ゴールに登場するボトルネックの理論だ。その一部を教育用にしている。講師は、写真の書籍に登場する但田先生とその仲間ファシリテーターの方々。

 この研修は、3つのツールを学習する。因果関係の繋がりで整理する「ブランチ」、対立を解消する「クラウド」、そして、目標を掲げて一段ず登る道具の「アンビシャスターゲット」である。

 今回は、「日本は移民を進めるか」というテーマを使って3つの手法を学習した。ブランチでは、私、「移民を進める」と「日本人の収入が減る」としたが、その手前に因果が沢山あって、なかなたどり着けない。一気にジャンプすると他人にはわからない。(写真はブランチ)

 クラウドでは、移民を進めると、「日本経済が活性化する」チームと「治安が維持できない」チームに分かれて議論。最終目的は「日本が安定する」ことで一緒なんだが、その過程が異なる。妙案は浮かばなかった。

(写真はクラウド)

 最後のアンビシャスターゲットツリーでは、「日本への観光客をふやす」ための障害を沢山出し、中間目標を設定する。例えば、日本では、イスラムの食事は制限される。それを解消する中間目標として、イスラムのレストランを増加させる、行動目標として、1駅に1か所レスランを作れるように補助金制度を作るなどだ。

(写真はアンビシャスターゲット)

 この手法は、テーマは何でも可能だ。内容によっては子供でも使える。夏に4日間の研修があるそうだ。京都開催とか、資格マニアとしては、ちょっと気持ちが動くな。

ジャンル:
スキル
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロ講師養成講座18期に参加 | トップ | 中国百科検定3級に合格 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たじ)
2017-04-24 18:51:23
ブログに書いていただいてありがとうございます!
クラウドは、本当はもう少し時間を掛けて解決策まで出したかったのですが、駆け足ですみませんでした。(3つとも駆け足でしたが…)

認定コースは4日間かけてがっつりワークできますので、ご興味ありましたらご検討ください♪

認定コースや各地の勉強会情報はコチラで見られます。
http://tocforeducation.org/

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。