資格マニアのページブログ 泳力検定2級で390個目、挑戦と挫折の記録

資格マニアの中小企業診断士が語るビジネスや面白資格のブログ。人材育成、ガス・建設・労働安全資格等でメシを食っています。

衛生工学衛生管理者講座第3日

2017年05月11日 | 建設・安全・防災系資格
新 やさしい局排設計教室―作業環境改善技術と換気の知識
クリエーター情報なし
中央労働災害防止協会

 合宿講座も3日目である。昨日は、一日、局所給排気装置の学習をした。局所給排気装置とは、全体給排気に対する言葉で、有害な気体などが発生するその場所で、換気をする設備である。まずは、テキストに沿って、局排の基本を学習する。局排は有機溶剤などの対策によく使われるため、私の講座にピッタリである。

 そして午後からは局排の設計、流体力学の基本の運動エネルギーの全圧、速度圧、静圧からの学習である。私はガス主任の講師で、基礎理論の流体はわかるが、他の方はほとんどが総務部門の方だ。一度聴いただけでは良くわからないんじゃないかな。それに全圧は、マイナスの数字からスタートする。計算の流れなどの都合でマイナスになってるんだろうが、私も少し戸惑う。そして延々と計算過程の説明が続く。結構大変、衛生「工学」というだけはある。関数電卓も必要になって来た。

 午後の最後は、実習。プッシュプル換気装置と、除じん装置、キャノピータイプと、囲いタイプのフード局排の点検実習だ。フランジを付けたととそうでないのの違いや、距離が離れると急速に吸気する能力が落ちることなどを確認する。ということで、第3日も終了。あと1日、いや半日だ。頑張るぞ。

(プッシュプルの点検、一定速度以上ないといけない。)

 

(キャノピー型フードの点検、こちらも一定の吸気能力がないといけない)

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衛生工学衛生管理者講座第2日 | トップ | 衛生工学衛生管理者講座第4日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

建設・安全・防災系資格」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。