資格マニアのページブログ ビジネスマネジャーで388個目、挑戦と挫折の記録

資格マニアの中小企業診断士が語るビジネスや面白資格のブログ。人材育成、ガス・建設・労働安全資格等でメシを食っています。

新緑の棒の嶺とコースタイム

2017年05月06日 | 健康・スポーツ系資格
山の知識検定」公認BOOK 安全登山の基礎知識
クリエーター情報なし
スキージャーナル

 5月1日は、雷雨とクマ出没情報のため奥多摩高水山を撤退した。そのリベンジとして、5月5日は、高水山の隣の山、棒の嶺を選んだ。棒の嶺は奥多摩と奥武蔵の間にある山だ。

 西武線の飯能駅からバスなんだが、朝8時、飯能の駅前は、ハイキング客でごったがえしていた。臨時のバスが何台か出るんだろう。さて、バスを降りて、標高240mのさわらびの湯から、有間ダムの畔を歩いて登山口へ。

 このコースは、白谷沢という初心者向けの沢登りで有名だ。ゴルジュというのか、両岸の岩が迫ってきて迫力がある。沢の最後は、結構長いクサリ場だ。

 しばらく登って、岩茸石に到着、ここで標高700mほどだ。そこから権次入峠(ごんじりとうげ)へ。ここで標高約900m、そして最後の登り。

 山頂に到着。山頂は広い。好天で、下に名栗湖、先月登った伊豆が岳が傍に見える。そして昨年登った武甲山も。

(真ん中の山が伊豆が岳)

 

(左上が武甲山)

 12時には下山開始。岩茸石まではピストン、そこから滝ノ平尾根を下り、さわらびの湯へ。連休とあって風呂は非常に混んでいた。洗い場が空かないため、お湯をかぶって風呂から出る。バスを使って、飯能へ。

 いつも携帯する地図、私は山と高原地図を使っている。このコースタイムは、成年男子の休憩なしの時間になってると聞いたことがある。今回の山行で気が付いたが、地図のコースタイムに10%割増して、休憩時間(実時間)を加えるとちょうどピッタシ時間が合うことが分かった。

 もういいトシだからこの換算方法がちょうどいい。これからの計画は、このタイムで行こう。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資格にすがる女たち | トップ | かかりつけ薬剤師 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。