こころの一人旅

麻痺した「感情」を回復し、「自分のために生きる」ことが出来るよう、折に触れ感じることを綴っています。

鷲印の練乳

2017-02-10 | Weblog






最近 思いがけず

子どもの頃に 食べていた 

缶入り 「鷲印の練乳」 を見かけました





スーパーの棚の前で

どうしようかなぁ と迷ったけど

使い切るには 多いなぁ

と思って

チューブ式のものを 買って帰りました





子どもの頃

「鷲印の練乳」 は

紅茶に 入れたり




夏には

家の製氷室で作った 氷を

おもちゃみたいな かき氷器にセットして削り

練乳をかけて 食べていました





缶入り練乳は

1ヶ所穴を開けるだけでは 出て来ず

もう一ヶ所 穴を開けなければならない とか

子どもながらに 科学の不思議を感じるものでした





「鷲印の練乳」 は

確か 外国製だったと思うのですが

その装丁や 味が

日本離れしていて

豊かな国の 豊かな食べ物が

口の中に 甘く広がるようでした





この記憶があるので

今回買った チューブ式練乳は

便利ではあるのですが

どうも 味が違います





ちょうど いちごの時期

いちごにかけては

やっぱり 何か違うなぁ

と 物足りなさを感じます





これを 早めに使い切って

やっぱり

「鷲印の練乳」 を買おう

と 思うこの頃です
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相手の言う通りにしてしまう... | トップ | 他者優先になっている -ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。