Kamicoco

ゴスペル界に新風を吹き込む
神戸生まれのゴスペルユニット
『かみここ』です♪

東北報告'16.3.11 5年目のその日 其弐

2016-07-18 02:36:11 | 東北報告

各国の皆様、こんにちは==!
 
さて、今日はその追悼祈念会の後のお話でも。。

わたくしは、黙祷の時以外は玄関にずっといたので、
中がどんなに良かったか、残念なことにわかりません。
でも、韓国で、とっても有名なミュージシャンが
何名かいらっしゃっていて、素晴らしい賛美があったようです。
聴けなくて残念!!!

さて、わたくしは、沢山の方々を玄関でお迎えして、
スリッパを渡し~の、説明し~の、と、笑顔を振り撒いておりました。
そして、200人以上いらっしゃる方が、
そろそろ帰るぞ~~!玄関係は忙しくなるぞ~!
と、お客さんの流れを考え、スリッパ入れを作り、
スリッパの重ね方を(会館のやり方があるので従います)書き、
などなど、忙しくしておりました。
先生がいらっしゃったので、
「先生!皆さんが帰る時、スリッパとかの案内をお願いいたします!」
と、お願いしたら、クリスチャン特有の、急な無茶ぶり!
「ゆうこさんがやるといいですよ~」 
!!!ええぇぇっっ!!!
「大御所がさんざん素晴らしい賛美した後に
ど~やって帰りの説明するのさぁ~
先生が仰って下さる方が、皆さん聞いて下さるのに~~」 と、心で思いつつ
しかし、先生方には、そして神様には抵抗できません。

確かに今までも、数々の無茶ぶりに対応してまいりました。
しかし、こんな大切な日に、粗相でもしたら大変!!
言葉に気を付けまくらなくては!
渋々素晴らしい賛美の後に舞台に出ていく事に・・・・
韓国の大御所?や、国内の賛美者が
舞台からはけて(おりて)来て
「お疲れ様でした!素晴らしかったですぅ~
(聞いてないですがわかりますっ)パチパチパチ
と、見送った後、MCの方が
「では、お帰りの注意事項を説明していただきます=」
をきっかけに、出にくい場へ出ていきます。
いつもなら、「みなさ~~~~んっ!」とか行けるのですが、
さすがに、この日はそういうわけには。。。。
自分のキャラを押し殺し、楚々と
「素晴らしい賛美でしたね皆さん良い時間を過ごされましたか?」
までは、何とか。。。
しかし、その後やっぱり隠しきれないキャラが・・・
「チーム玄関から、お帰りのお知らせです~」
を皮切りに、会場大笑い!
そして私が何を言ったのか忘れましたが、
会場からやんややんやの合いの手など頂き、
静かで厳かな会場が、一転!
笑いの渦に・・・・やっちまった・・・・
でも、優しい先生方は「よかった!よかった!!!」
と仰って下さり、ほっと一息・・・つく間もなく、
お客様が玄関に来る前に、ダッシュでチーム玄関に合流~

帰りの流れも、スリッパの重ね方も、
皆さんのご協力のお陰でバッチリ!でした。
帰られる皆さんに、「最後のMC面白かったです~!」
「すごいです!楽しかったです~!」
「チーム玄関!ありがと~!」
「私達もチーム玄関作ります!」
「私の中で、あれが一番のピークでしたぁぁ~」
(え!!それはさすがにヤバい!!)
等等、沢山の方が声を掛けて下さり、
本当に何故か単なる帰りの説明を喜んで下さって、
感謝感謝でした。
正直、前日は完全前座、
当日は歌わしてもらうことなくちょっぴり残念・・
と、感じておりましたが、
一生懸命お仕事したら、何でも楽しんで頂き
喜んで頂けるんだと、改めてわかり、
いつでも全力投球を忘れずにいきたいと思ったものです。

 常に主を覚えてあなたの道を歩け。
 そうすれば
 主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる。
   箴言3:6

神様はどんな時も見ていらっしゃいます。
そして心の中も見ていらっしゃいます。
故に、いつも一生懸命、主を見上げて、
その時のベストを尽くしていきたいです。

最後は、小さな私も、大きなミュージシャンや、
大きな先生方、大きな働き手の皆さんに混ぜて頂いて
おいし~~いサムゲタンを頂きました==!

しかも、高麗ニンジン入り(当たりだそ~です)☆ちゃっかり☆
神様ありがとうございます!
こんなに小さな者でも使って下さって!



 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北報告'16.3.11 5年目のその日

2016-07-15 18:26:31 | 東北報告

皆様、こんにちは==!

いつも読んで下さってありがとうございます☆
ここの所、忙しすぎてアップが滞って申し訳ありません。
まだまだ、その中にはいますが、
心を入れ替えてアップしていきたいと思いまっす。

ってなわけで、今日はすっかり遅くなった、
東北報告です。
5年目の3月11日はその日と同じ天気でした。
私は、東日本大震災・追悼祈祷会に
スタッフとして参加してきました。
入口で案内をしてましたよ。

その日はおなじお天気で、地震の時間は薄日が射していました。
どことなく、静かな空気。
私達は音楽やお話を聞いて、
2時46分に海を向いて黙祷しました。

穏やかですが、哀しみをまとった空気が流れます。
皆で黙祷していましたが・・・・むむ??
だんだん、会場の皆さんが???
でも、ざわざわできないし・・・・。
そうです。いつまで黙祷してよいかわからなかったのです。
石巻市のまさに皆さんがTVで見た悲惨な場所だったのに、
その時間にサイレンが鳴らなかったのです====!!!

数分後に、「サイレンが鳴らなくてすみません。」という
放送が流れて、『本当に危険な時どうするのだろう??』と、
思わず心の中で突っ込みました。。。
ハプニングはつきものですね。
でも、危険な時は是非是非サイレンを鳴らして欲しいです。

タブを持って行くのを忘れ、携帯で撮った
会場の中からの、5年目の被災地です。

石ノ森萬画館です。
なんとなく、復興はまだまだって雰囲気ではありませんか。

ここらへんも軒並み被災した所です。 


海と川が見えます。
あんなに高いあの橋もかなり津波を被ったそうです。 

日和山です。この川が恐ろしい現場だったのです。

5 年前のこの時間はまさに地獄絵図だったと思います。
閑散としたこの地を歩くと、心が痛みます。

去年と違う事は、海が見えない程の巨大な盛り土が
そこここにあったという事でしょうか。
堤防でしょうけど、海が見えないと怖い気がしました。

神様のご計画はなんですか?
こんなに苦しく辛い体験をさせ、試練と苦難の中に投げ込まれ、
どんなご計画なのでしょうか??
しかし、神様は必ず良きことをご準備のはずです。

 そのとき、わたしは玉座から 
 語りかける大きな声を聞いた。
 「見よ、神の幕屋が人の間にあって
 神が人と共に住み、人は神の民となる。
 神は自ら人と共にいて、その神となり、
 彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。
 もはや死はなく、
 もはや悲しみも嘆きも労苦もない。
 最初のものは過ぎ去ったからである。」
   黙示録21:3,4

まだ見えないかもしれませんが、
神様は絶対にお見捨てになりません。
神様にしか、希望はありません。
私達に出来る事は小さく、なんてことないかもしれませんが、
地道に続けていきたいと思います。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北報告'16.3.10

2016-07-12 18:10:47 | 東北報告

全国津々浦々の皆様、こんばんは==!

すっかり遅くなって(ほんまにほんまに!)申し訳ありませぬ。
毎年ワカメの時期に必ず行ってますが、
今年は、3.9から行って、ワカメもしましたし、
なんとKamicoco・YUCOとしても前座ではありますが、
3月10日に賛美してきました♪♪
賛美したのは前日でしたが、
石巻の教会には沢山の方がいらっしゃってて、
結構盛り上がりました。
ダンスも皆さんと一緒に踊って
皆さんの喜んで踊る姿に感謝でいっぱいになりました
この時の写真はなくてすみません!
前座だったけど、一番盛り上がった?!(良い準備運動!?)かな
他の方は、まじめにきれいに歌うから当たりまえか。。
でも、やはり規模は違っても被災した経験有
(長崎大水害・雲仙群集地震・ロサンゼルス大地震)だと、

皆さんとの一体感があるっ!と肌で感じました。
教会の先生に「ダンスなんか踊って大丈夫かな?!と、心配したけど
皆楽しそうに踊ってて、すごく良かった!!!」と、
仰って下さって、本当に感謝でした。
心込めて歌い、魂込めて踊って
誰かの心の癒しや励ましの元になれば
本当に嬉しい事です。
神様にこのように働かせて頂いてることに
心から感謝して、また頑張っていきたいと思います!
(久々だから今日は真面目やなぁ~~)

 神は、あらゆる苦難に際してわたしたちを
 慰めてくださるので、
 わたしたちも神からいただくこの慰めによって、
 あらゆる苦難の中にある
 人々を慰めることができます。
   コリント人への第二の手紙1:4

できるようになるといいなぁぁぁ~~



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加