日本史とお城が主食なおなごの徒然。

四半世紀越えの日本史好き。城廻り大好き、目指せ、百名城制覇。時々ゴスペルとかもね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こんなはずではなかったんだが。

2011年03月31日 23時46分47秒 | 日々のこと
えー、本日は、母上が退院するのでお迎えに。母上が支度してくるまでに先生と話をしていたんですが。





母上の話をするはずが、私の診察みたいになってしまった(^-^;





実は、話をしていた場所が大通りに面していて、大きなトラックとか通るとものすごい轟音が聞こえるわけ。その音が聞こえる度に、私がビクッとなってしまってたんですわ。





あの地震の時も感じたというか聞こえてたんだけど、地震の前兆?というか地震が助走してるというか、ドドドドド…とかザザザザ…とか何とも言えない地響きというか…。それとトラックが通る時の音が区別つかなくて。





ま、そんなんで何度かビクッとしていたら、先生が





『大丈夫?もしかして、地震、意識してます?』と言われてしまった。『ちょっと、話してみてください』と言うので、地震のあとの変化を話してみた。





未だにずーっと揺れ続けてる気がすること。そのせいか、まっすぐ歩けず壁に激突したこともあった。



寝るときも普段着で、パジャマにはなれないこと。コンタクトレンズはさすがに外すけど、眼鏡かけたまま寝てるし。眠りも浅くて、ちょっとの揺れでも飛び起きるんですよ。ガバッて。内容までは覚えてないというか説明の仕様がないけど、物凄い悪夢を見ることも。



荷物も手の届く所に、携帯を身につけてないと不安だし、何度も戸締まりや、火の元を確認しないと不安だし。



今はおさまったけど、一時期手の震えが止まらなかったこともあったしなぁ。



ちょっとしたことですぐ泣くし、家族がバラバラな時に何かあったらどうしよう…みたいな、要するに、常に常に不安感があって息苦しい感じがする…などなど。





思い付くまま話したら、先生に『もうね、今すぐ地震関係のニュース、新聞、見ないようにしなさい。このままいくと本格的に、ストレス障害とか、PTSDとかになる。せっかくお母さんが退院するのに、今度はアナタが入院するようですよ』と、言われてしまった。





あちゃー。こんなはずではなかったんだがね。どうも、頭と気持ち、心がすれ違ってたみたいだ。頭では聞き流せても気持ち、心は聞き流せなかったんだろうよ。





『あなたみたいに感情移入がスッと出来ちゃう人は要注意なんだよね。映画とかでも、結構泣いてるでしょ』と。おっしゃる通りです…。大概、役者さんが泣いてる時、私も泣いてます。




『テレビで被災地の人がしゃべってるの見て、泣いてるよね?』はい…。





『で、地震に敏感だし、今はさらに敏感になりすぎ』はい、左様でございます…。実をいえば、阪神淡路大震災の時も、宇都宮は震度1だったにも関わらず、5時46分に飛び起きてます。今でもハッキリ覚えてる。それくらい敏感で恐怖を感じてる。





『やっぱりね、今すぐ、そういう地震関係のニュース見たりするのやめなさいね。ホントに危ないよ、半分突っ込んでるよ、もう』うきょー。そんなですか。いや、ホントにこんなはずではなかったんですがね…。





『停電のニュース、原発のニュースもね。その辺も不安でしょ?』うーん、原発はともかく、停電はそうでもないかな。そりゃ、夜に一人でいる時に停電!だったら怖いけど、大抵夜は父上も弟もいるもんね。原発は、職場のおばちゃんパートさんが、ニュースソースが不明な話に尾ヒレをたっくさんつけまくって『怖いわぁ』とかしゃべってるの聞いて、頭では『また尾ヒレつけまくってしゃべってるな』とあしらってたけど、気持ちってか心では『怖い、そうなったらどうしよう』とか感じてたんだろうね。





とにかく、頭と心で物凄いすれ違いを起こしてるのは事実なようなので、気をつけなきゃいけませんね。





『家族とは別で、誰かを頼るとかできるといいんだけどね。出来ないでしょ?』よくおわかりで。ま、自己完結型の人間で32年、生きてますから。





とりあえず、ニュースとかはできるだけ避けるようにしますかね。ネットは職場で少なからず触るけど、それもできるだけ避けるようにします。私がぶっ倒れるわけにゃいかんのだ。うん。





あ、ホントに深刻な状態ではないので。もしかしたら、例えば、ボランティアで被災地に行って実際見たら…という方が、荒療治かもしれないけど効いたりするかもしれないな、とか考えてるような感じなんで。ホントに深刻だったらそんなこと思わないと思うのでね。




上手くバランスが取れる人間になりたいですわ。ホント。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連日 | トップ | はぴばー。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。