退職後にやることは?

まだ退職するつもりはないのだが、私もいいトシになった。だから仕事をやめて好きなことをやって残りの時間過ごそうという気持ちもある。
「何をやりたい?」と聞かれたら、あるいは自問したら何という内容の自答になるだろう。

今日たまたまあり先輩の先生に会うことがあって、そんなことを話題にした。「趣味のカメラ、写真」と「読書」などがまず出てくる。
写真を撮るということも長年の一つの趣味だが、これも結局はセンスのなさに気づいて自虐的な気持ちになってしまう。「自分がいいと思えばそれでいいのでは」と言われるのだが、趣味というのはその同好の人たちとグループになってああでもないこうでもない、と語り合うことが不可欠。
それを考えると…。
そんなことを考えてみる機会ができた。それも深刻に考えたらどうにもならなくなるから、ほどほどで過ごすことが大切という気持ちにおちつく。
「読書」というのはごく一般的なカテゴリーなのだが、やはり一定のジャンルを持って追求することが重要なのだろうが、これもそのうちにテーマを決めていこうという気持ちだ。よく聞かれる「源氏物語」をしっかり読んでみる、もありかな。
しかし余生の趣味は「特定のテーマを深めていこう」というような「決意」が必要なのかな、とまた堂々巡り。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 真田幸村とい... 豊洲問題(日... »