軍拡時代が到来するか?

アメリカのトランプ大統領、北朝鮮、中国、など軍事費を増やす動きが著しい。日本も北朝鮮のミサイルの精度が高まったことを言うが、これに対応するために軍備の増強とさらなる高性能化を図る趣旨を安倍首相は強調している。

マレーシャも韓国もロシアも軍備増強の動きを活発化していくことははっきりするのではないかと思われる。
 
オバマ大統領の頃は、オバマさんがノーベル平和賞を受けたことに示されるような「平和」への国際的な流れが一定程度できていたのではないかと想像するのだが、これからは逆に軍拡の時代が進むことを危惧する。私の杞憂であればいいのだが、どうもあちこちの国が、時には北朝鮮と、また時には中国との関係などで、気になる動きをしているのが心配だ。どうも杞憂ではないのではと気がかりである。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 国有地「8億... 森友問題関係... »