葬儀会社の看板

いろいろ矛盾した語句を聞く機会が多い。健康寿命が延びた、認知症患者が増えた。クルマの性能がどんどん向上している、しかし高齢者によるクルマ事故が増大している、など。最近、私の「誤解」なのか「ひがみ」なのか、目につく看板がある。それは葬式に関連する会社の看板だ。

高齢者による活躍がとりざたされる。全体として人口減が進むのだから当然のことだが労働人口も減少するだろう。だから年をとっても元気であればどんどん社会的な役割を果たしていかなければならないだろう。そして高齢者は増大しているが寿命も尽きる人も順番に増えてくる。この人たちのために葬儀もしかるべきスタイルで行われる。そういうところでもビジネスチャンスがたしかに増える。

葬儀会社が増えるのは無理がないのだろうが、妙にこれが目につく。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 遠友夜学校に... 北朝鮮の動き »