徳島に住むカメさんのつぶやき

 さながらカメさんのような一老人が、小さな池(徳島県の片田舎)から覗き見た世の中の出来事や心象風景などを書き留めたもの。

朝焼け雲

2016年12月31日 | 随想
 いつの頃からか夜中に何度も目を覚ますようになり、朝早くから起きだす習慣が身についてしまった。
寒い時期は「しんどいな」と思うこともあるが、時には良いこともある。

 数日前もふと窓の外を見ると、添付写真のような光景を目にすることが出来た。
むかし高齢者が朝日に向かって手を合わせる姿を目撃したが、いまその高齢者となった自分もついつい
太陽に向かって手を合わせていて可笑しかった。

 誰もが崇める「初日の出」ではなかったが、それにも劣らぬ朝日ではあった。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

年の瀬に思うこと

2016年12月26日 | 随想
 机の横に縦長のカレンダーを吊るし、そこに毎日の予定や行動を記入しているのであるが、
例年「あっという間」に12枚・12ヶ月分が終わってしまう(ように感じている)。

 そして今年も、もうあと数日の記入欄しか残っていない。
その下には既に来年のカレンダーが見え隠れしているのであるが、「こうして年を重ねていくのか」と思うと
過ぎ行く時間が愛おしく、胸に抱きしめてやりたい思いである。

 そんな感傷に耽っている私も、来年はもう79歳である。79歳という年齢になると、わざわざ「もう80歳
ですよ」なんて誇らし気に又は投げやり気に言う人がいる。
 
 さて私は、どちらになるのだろうか??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉の終わり

2016年12月20日 | 随想
 自宅の前に種穂山という名前の低山があり、その姿を眺めながら日々の生活を送っている。
つい先日まで見事な紅葉を見せてくれていたが、このところの寒波でその輝きが消え失せ寂しい限りだ。

 それでも太陽光線の具合によっては、行く秋を惜しむかのように輝きを取り戻す瞬間がある。
昨日の朝も、食事のときにふと眺めると、落ちかけた柿の実の向こうに美しい残影?を見せてくれていた。

 やはり大自然の営みは素晴らしい、と感じ入った次第である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィッシング詐欺

2016年12月17日 | つぶやき
 自慢できる話ではないが、フィッシング詐欺に引っかけられそうになった。
いや、「引っかかった」というべきかもしれない。

 加入しているカード会社からメールがあり、「当社のホームページに不審なアクセスがあったので、
加入者全員の登録情報を再確認する必要があります。ついては、別記URLの書式に所要事項をご記入のうえ
ご回答ください」といった趣旨の文言が並んでいた。

 もちろん、ネット詐欺が頻発していることは知っていたが、なにしろカード番号の最初の4桁の数字が
手持ちのカード番号と合致しているのである。これに、ころりと騙された。
 
 結論的にはカード会社にカードの無効化を依頼し、実質的な損害は免れることが出来た。
だが肝を冷やしたことには違いがなく、年の瀬を控えて用心用心といったところである。

 先日もテレビのある出演者が、「騙す奴も悪いが、騙される人もよくない」とか言っていた。
お互い、本当に気をつけたいものである。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加