徳島に住むカメさんのつぶやき

 さながらカメさんのような一老人が、小さな池(徳島県の片田舎)から覗き見た世の中の出来事や心象風景などを書き留めたもの。

国民を欺いてでも,お友達が大切?

2017年06月16日 | 随想
 昨日の文科省の発表で、加計学園の獣医学部新設問題に関する公文書の存在が明らかになった。
今まで怪文書扱いしてきた政府(菅官房長官)は、報道機関引いては国民を欺いてきたことになる。

 これら文書から見る限り、どうみたって安倍総理の意向を忖度した取り巻き連中が「総理のご意向」
に沿って加計学園を有利になるよう政策を捻じ曲げたと見るのが普通の感覚ではなかろうか。
 
 それでも政府は非を認めることなく、一部の役人による事務的な手違いとして責任を押し付け、国会
閉会をもって問題が沈静化することを狙っているかのようである。

 こんな政府が、果たして本当に民主主義国家の政府と言えるのだろうか。
どうして政府は、国民に対して真実を語らないのだろうか。
 政府といえどもそれが国民から選ばれた人たちで構成する以上、国民のものでなければならない筈だ。
事実政府に関わる人たちは口を開けば、「国民のために・・・」と言っているではないか。

 あゝ、しかし、こんなことを考えること自体が馬鹿らしくなってきた!!
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨でも花があれば・・・ | トップ | 父の日に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

随想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。