ニードルタティングのんびり日記

自己流ニードルタティングをのんびりつづっていこうと思います

ハンカチのエジング、出来ました

2016-07-20 13:07:59 | ・エジング
一昨日出来上がって水通しし、やっと乾いて出来上がりました。
今日がモニター報告の締切日で、滑り込みセーフというところです。



前に書いたように、ハンカチにネット編みしてあるのを気付かずに応募した私です。

普通のタティングのシャトルつなぎに相当するつなぎ方はニードルタティングの得意技なので、「ハンカチにニードルつなぎしながら1段目を作り、こうして、ああして」と考えていたのはご破算に。

取り敢えずハンカチを水通ししてから、ネット編みを使ってどう作ればよいか、迷いながら考えました。



でも「下手の考え休むに似たり」そのもの。
メールでアドレスを教えてくださった参考作品の編み図ページがあるので、それを元に作ることにしました。

1段目はその図を少し変えて作りました。
ちょっとだけ自分らしさというかニードルタティングらしさというか、が出せれば嬉しい。

つまり単純な私はニードルつなぎをしたくなったのです。
というわけで、途中でチェインが下まで来る形にして区切りを作り、2段目はチェインだけニードルつなぎしながら、やはり途中でチェインが下まで来るようにしました。

本当はグラデーション的なエジングにするのに3色を3段で使おうと思っていたのですが、ネット編みがエジングの1段目に相当するので、ここまでで出来上がりにしました。

このエジングハンカチ(オリムパス製絲株式会社公式サイト)はガーゼが6枚重ねられていて、ハンカチとしての使い勝手はとても良いと思います。

また周りにネット編みがしてあるため、エジングをして行くのにラクです。

ニードルタティングで、ニードルつなぎしながら作るにしても、やはり布の中に針を通しながら作るよりネット編みを利用するほうがずっとラクです。

ただし、ネットの数が4辺揃っていないのと、つなぎ目なのでしょうか、少し乱れがあります。

私はネットの数はそのまま使い、乱れの部分は細い巾のネットを飛ばしました。

金票レース糸(オリムパス製絲株式会社公式サイト)はきれいで使いやすくとても気に入っています。

というわけで、自分の技術レベルに相応しくドタバタしましたが、このモニターに参加することが出来て楽しかったです。

出来上がったハンカチは早速使うつもりです。

オリムパス製絲株式会社様、ありがとうございました。

私が前に書いた記事は下の2つです:

エジングハンカチ+金票40のハンカチ作品制作モニター

ハンカチ制作モニター2
『手芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すごく簡単なスカーフを楊柳... | トップ | 井山名人に倣い、右脳トレー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む