ニードルタティングのんびり日記

自己流ニードルタティングをのんびりつづります 
海辺で貝殻や石など拾うのも好きになりました

海の思い出

2017-07-17 12:28:31 | ニードルタティング・周辺
石のかけらのペンダントに続き、もっと遊び感覚のストラップを作りました。



神奈川県で拾った小さな貝殻とビーチグラスを入れました。
図書館の図鑑によれば、下のはクチベニガイというものらしいです。

これもビニール2枚をこま編みで合わせ、上が開きます。
紐は三つ編みしました。
レース糸を三つ編みするのって細いのでちょっと面倒でしたが、いつもの撚り紐と少し違う感じになりました。
『手芸』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石のかけらのお手軽ペンダント | トップ | タカラガイ(宝貝)の簡単な... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
貝がら拾い (とかげ)
2017-07-19 09:03:56
キリなくできそうです。
食べるとなると、貝は高価でなかなか手が出ません・・・
どうも、子供の頃の癖で「貝は海で取るもの。」って思ってしまうのよね~。

名札っぽくて可愛い~。
そうですね、 (かめの)
2017-07-20 11:43:11
幼稚園の子が名札代わりに何かに付けるような(笑)

とかげさん、そうなんですね。
考えてみればそうですよね。
貝は海で採れる、なんとも羨ましい話です。
ついでに (とかげ)
2017-07-21 21:53:49
思い出せば=ウナギも川にいました。

なんて、贅沢な時代だったのか・・・

失ったものが、大きすぎるんだわ~日本。。
ウ、ウナギも? (かめの)
2017-07-22 13:07:52
それはすごい!

おばあちゃんがお料理されたのでしょうか。
どうやってお料理したんですか?
さすがに (とかげ)
2017-07-22 18:01:07
子供には取れなかったです~

川ではセリを採りました。
あ、早とちり(笑) (かめの)
2017-07-23 15:14:46
自生したセリなら香りが一段とよいのでしょうね。

そういえば、団地育ちの私も、友達と花壇の脇に生えているヨモギを摘んでその子の家に行ったら、お母さんが草餅をこしらえてくれたことがありました。

コメントを投稿

ニードルタティング・周辺」カテゴリの最新記事