ニードルタティングのんびり日記

自己流ニードルタティングをのんびりつづります 
海辺で貝殻や石など拾うのも好きになりました

手作りシェルパーツ トコブシ

2017-03-15 13:21:50 | ニードルタティング・周辺
なんだかのんびりモードになってしまって、2本渡りのバリエーションのラリエットはゆっくり進めています。

のんびりの合間(?)にシェルパーツを作りました。

前に南房総に行った時に拾ったトコブシの貝殻がいくつかありました。
それを出して来て、、

1つだけ、外側を削って真珠光沢が出せないか、試しました。

金やすりやシャープナーでは全然利かないので、思い切って砥石を使うことにしました
荒砥です。
これは結構削れます。ただ、トコブシは殻の薄い箇所もあり穴が開いてしまったので、真珠光沢の部分まで削るのは諦めました。

次にカットです。
トコブシはホタテの稚貝より厚みがあってずっと硬いので、硬い物が切れるはさみでカットしてみました。
ペンダントトップなどにするには平らに近いのがよいと思うので、「この辺り」と見当を付けて切っていきます。

周りはまた砥石で研ぎ、キリで穴を開けました。

他に2つの貝殻は外側はそのままでカットしました。





裏はこうです。
上に置いたのが外側を削ったものです。

貝殻の内側、艶のあるほうが「ハレ」、外側が「ケ」のペンダントトップが出来ました。
『手芸』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2本渡りのバリエーション | トップ | 手作りシェルパーツ トコブ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ようこそ~ (とかげ)
2017-03-17 09:20:15
削り磨きの世界へ。
この世界に入ってしまうと、人生において「暇」と言う概念が無くなります・・・のでご注意下さい。(笑~)
削り磨きの世界に (かめの)
2017-03-17 12:44:36
入ってしまいましたかね?(笑)
といっても、トコブシの小さい貝殻1つの外側を研ぎ、後はいくつかのパーツの外周を研いだだけで、とかげさんの仕事とは天と地ほど違いますけどね。

そうそう、台所の調理台の上で研いだので、立ったままだと足がすごくラクでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む