趣味の事柄

僕の凄い散らばった趣味について

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

写真

2012-06-10 15:18:00 | 写真
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012-05-12 19:58:51 | 写真
恥恥恥恥恥                                  恥
   恥    恥                   恥                恥
   恥恥恥                       恥               恥         恥
   恥    恥              恥         恥                                 恥               
   恥恥恥            恥              恥                                  恥
   恥    恥         恥                   恥              
恥恥恥恥恥                                恥
          恥                                          恥                 恥
          恥                                               恥              恥
          恥                                                     恥恥恥恥恥
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012-05-10 20:40:04 | 写真
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012-04-19 02:02:34 | 写真
リニューアルしたい
でも時間ない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2011-12-07 06:13:26 | 写真
室町幕府3代将軍足利義満により南北朝の合一にも成功し、世の中がひとときの平和を取り戻した、そんな時代。応永元(1394)年、一応の達成感を得た義満は37歳にして将軍職を譲り、翌年出家。応永4(1397)年には、衰微した貴族、西園寺家の別荘である北山第を譲り受け、新たに「北山殿」という山荘を造営した。黄金浄土世界の再現を望み、特に舎利殿は金箔をもって建物を覆った。これが金閣の始まりである。
壮大な御殿を造った義満は、対明貿易の勅使を北山殿で迎えることなどを行ったため、中国のさまざまな文化が北山に集まった。さらに後小松天皇を招き盛大な宴を開くなど、伝統的公家文化と新しい武家文化が融合して、ここに北山文化が花開くことになるのである。
義満は応永15(1408)年に51歳でこの世を去るまで北山殿に住まわった。義満の死後、4代将軍義持は遺言に従って、開祖に夢窓国師を勧請して禅寺とし、義満の法名(鹿苑院天山道義)より鹿苑寺と名づけられた。
応仁の乱では金閣など少数の建物を残して焼失してしまうが、桃山時代に相国寺の西笑承兌が復興に努めて、ほぼ現在の姿になったという。
太平洋戦争などもくぐりぬけ、戦後まで往時の姿をとどめていた金閣であるが、昭和25(1950)年に学僧による放火で全焼、残念ながら現在の金閣は昭和30(1955)年に再建されたものである。金箔の剥落が目立ったため、1987年には5倍の厚さの金箔に貼り替えられ、最近では平成15(2003)年3月まで屋根の修復工事を行った。
鹿苑寺内の建物にはひとつも国宝や国重文に指定された建築はないが、華やかな北山文化を想わせる金閣には多くの観光客が訪れ、平成6(1994)年に世界文化遺産に登録されている

8代将軍足利義政は祖父の義満が建てた舎利殿に倣い、造営中の東山山荘に観音殿(近世以降銀閣と通称される)を建てた。
銀閣(慈照寺観音殿)、飛雲閣(西本願寺)と併せて『京の三閣』と呼ばれる。
初層は「法水院」(平安期寝殿造風)、中層は「潮音洞」(鎌倉期書院造風・観音を安置)、上層は「究竟頂(くつきょうちょう)」(禅宗仏殿風・阿弥陀三尊を安置)と呼ばれ、中層と上層に金箔が貼られている

通称「金閣寺」の由来となった金閣は、漆地に金箔を押した三層宝形造の建物で正式には舎利殿初層・二層・三層のそれぞれに異なる様式を採用した特異な建築です。初層は寝殿造風で「法水院」(ほっすいいん)、中央に宝冠釈迦如来像、向かって左に法体の足利義満坐像を安置。二層は書院造風(武家造)で「潮音洞」(ちょうおんどう)、岩屋観音坐像と四天王像を安置。三層は禅宗様の仏殿風で「究竟頂」(くっきょうちょう)、仏舎利を安置。
初層・二層・三層のそれぞれに異なる様式を採用した特異な建築である。初層は寝殿造風で「法水院」(ほっすいいん)と称し、中央に宝冠釈迦如来像、向かって左に法体の足利義満坐像を安置する(安置仏像を「阿弥陀如来」とする資料もある)。二層は書院造風(武家造)で「潮音洞」(ちょうおんどう)と称し、岩屋観音坐像と四天王像を安置する。三層は禅宗様の仏殿風で「究竟頂」(くっきょうちょう)と称し、仏舎利を安置する。屋根は椹(さわら)の薄い板を重ねた杮葺(こけら葺)で、頂上には金銅製の鳳凰が飾られている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加